« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

アイス三品比較論(駄菓子)

アイス三品比較論(駄菓子)
アイス三品比較論(駄菓子)
アイス三品比較論(駄菓子)
アイス三品比較論(駄菓子)
今晩は家族で外食。近所の手打ちうどん「権兵衛」さんへ。

三人とも「味噌煮込み」を。(ここのは美味しーよ…)

「食後に何か甘いモノを」という事になり、色々プランはあったものの“セブンイレブン”へ。

アイスを買う事になりました。

買ったのは、こんなラインナップ。手前から…
●明治の「リッチストロベリー(210円)」
●ユーラクの「ブラックサンダーアイス(126円)」
●エスキモーの「パルム(126円)」

こんな感じ。

「リッチストロベリー」は果汁・果肉分が多いのが売りで、値段もまあまあです。袋を破るといい苺の香り!でもかじると何故か食感が柔らかく、ヌルい感じ。せっかく本物の苺を使ってるなら、“香料”を使わないように作れなかったものか、それが残念。(奈良の工場で生産)

「パルム」は冒険は無いものの、安定した美味さが好感。126円はお値打ちか。(静岡の工場で生産)

「ブラック…」は話題の商品だけに期待。その期待を裏切らない仕上がり。チョコ(菓子)と同じで感動。ヒットに驕らず126円は好感ですな。ただ、この中では276キロカロリーで最もファット。(福岡の工場で生産)

ただ、どれもラベルの大手メーカーはあくまで販売元で、製造元は別の会社なんですね。

包装の裏を見ると色んなコトが分かるね〜。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新酒と新蕎麦を楽しむ会(6)(取材中/一宮市)

新酒と新蕎麦を楽しむ会(6)(取材中/一宮市)
新酒と新蕎麦を楽しむ会(6)(取材中/一宮市)
「新酒と新蕎麦を楽しむ会」も〆が近くなって来ました。

お名残り惜しいけど…。

最後に出てきたのは、何と蕎麦で作った“蕎麦アイス”!

これまた蕎麦の風味が活きてるわ〜。

満足。満足。もう充分頂きました〜!

今日はワタクシも、お言葉に甘えて、客席に混ざって楽しませて頂きました。中々良いもんですな。

また、このような会を催したいものです。

ご興味がある方は、マメにこのブログにキテね。

広瀬さん、尾関さん、ホントに有難うございました!!!ご協力頂きました広瀬さんの実弟「おかもと酒店」の岡本さん、有難うございました。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新酒と新蕎麦を楽しむ会(5)(取材中/一宮市)

新酒と新蕎麦を楽しむ会(5)(取材中/一宮市)
新酒と新蕎麦を楽しむ会(5)(取材中/一宮市)
新酒と新蕎麦を楽しむ会(5)(取材中/一宮市)
「新酒と新蕎麦を味わう会」の続報ですよー。(最初から読んでネッ)

さっき打って頂きましたお蕎麦が、もう出て来ましたー!!

サイコーに贅沢な事。

先ずはモミを剥いた「せいろ」から…

美味しく無い訳が無い!

もう“お蕎麦なう”っていう感じッスよ。

続いてモミごと挽いた“田舎蕎麦”がテーブルに!

こちらもザラっとした食感が素朴でいいんだ〜。旨いっ!

お酒は佐賀の「東一」。自家栽培の山田錦を使用。あえて高精白せず、お米そのものの旨味を引き出してます。冷やでもお燗でも出して頂きました。

違いが出て面白い〜。(勉強になります)

最後のお酒は、二番目で出た「酒屋八兵衛」の山廃純米。キレのある辛口!お燗が美味しー!!3年前までは、三重県内だけに販売していたお酒だそう。

宴もたけなわ!盛り上がってマス。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新酒と新蕎麦を楽しむ会(4)(取材中/一宮市)

新酒と新蕎麦を楽しむ会(4)(取材中/一宮市)
新酒と新蕎麦を楽しむ会(4)(取材中/一宮市)
新酒と新蕎麦を楽しむ会(4)(取材中/一宮市)
新酒と新蕎麦を楽しむ会(4)(取材中/一宮市)
「新酒と新蕎麦を楽しむ会」の続報です。

ここで、楽じ庵の主人、尾関正憲氏が厨房からお客様の席へ!

特設スペースで“蕎麦打ち”のデモンストレーションが始まりました!

こちらの主人は、実際にご自分の足で産地を廻り、生産者さんと語り、そのシーズンの蕎麦を選ぶそう。

特に今シーズンは三重の蕎麦の作付けが良かったとのこと。これをメインに他の産地をブレンドしてバランスをとるのが楽じ庵流。

挽きたて、打ちたて、茹でたて…は、トーゼン!今日は蕎麦打ち、かぶり付きの打ちたて!美味しく無い訳が無い〜!

参加者の皆さん、中々見られ無い蕎麦打ちを凝視、凝視!回し〜練り〜伸し〜切りまで一気に!

拍手が湧き起こりました!(皆さん、感動したんだネッ)

会はまだまだ…

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新酒と新蕎麦を楽しむ会(3)(取材中/一宮市)

新酒と新蕎麦を楽しむ会(3)(取材中/一宮市)
新酒と新蕎麦を楽しむ会(3)(取材中/一宮市)
まだまだ続きます「新酒と新蕎麦を味わう会」。

お料理は天ぷらへ…。海老、ズワイ蟹、お野菜…。こちらは天ぷらもお上手!

くいっ、くいっ、と進む進む〜!もうやばいやばい…。

おっと、ここで何が始まる気配。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新酒と新蕎麦を楽しむ会(2)(取材中/一宮市)

新酒と新蕎麦を楽しむ会(2)(取材中/一宮市)
新酒と新蕎麦を楽しむ会(2)(取材中/一宮市)
新酒と新蕎麦を楽しむ会(2)(取材中/一宮市)
「広瀬さんにお酌してもらってシアワセ…」

とっても女性の参加者さんが多い会です。だいたい20人の方がおられます。

お料理はお酒を活かすためにシンプルな路線。「だし巻き」に続いて「蕎麦がき」がテーブルに…。

中々、「蕎麦がき」って注文しない品だと思いますが、こう言うイベントですから、是非、味わってね、皆さん!

蕎麦の風味が際立ってますでしょ!

お酒は三重の「酒屋八兵衛」の純米無濾過生原酒(日本酒度+5)。新酒のフレッシュ感溢れるお酒。さっきのより辛口だけど、甘味と旨みもあるねー。

そして、どんどん出ます。

山形の「米鶴」の“かっぱ”+10の超辛口!出羽燦々と言うお米を自家精米。55%の精米に匹敵。すっきり辛い!焼酎好きの方にもウケる日本酒だそう。

まだまだ続きますよー。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新酒と新蕎麦を楽しむ会(1)(取材中/一宮市)

新酒と新蕎麦を楽しむ会(1)(取材中/一宮市)
新酒と新蕎麦を楽しむ会(1)(取材中/一宮市)
新酒と新蕎麦を楽しむ会(1)(取材中/一宮市)
“きき酒士”広瀬恭子さんを招いの「搾りたてを楽しむ会」。

今日は一宮市浅井町の蕎麦の銘店「蕎麦邑・楽じ庵」さんで「新酒と新蕎麦を楽しむ会」と題し、只今始まりました!

先ずは蕎麦寿司などの突き出しから。お酒は長野の酒「御湖鶴」が杯に注がれました。

日本酒度+2の「やや辛口」。やや辛口と言うものの、とってもフルーティな味わい。

やばいやばい、飲みすぎちゃいそうな口当たりの良さ…。

さぁさ、会はまだまだ序盤戦。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏メニュー(食べ歩き/扶桑町)

裏メニュー(食べ歩き/扶桑町)
裏メニュー(食べ歩き/扶桑町)
土曜日のお昼。扶桑の「コントレール」さんへ。

今日は例の“裏メニュー”があるんだ〜。

早速注文。まろやかさとスパイスのバランスが絶妙。(さすが美子さん…)

メニューには載ってないので、聞いてみてね。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賢い主婦みたい!?(家メシ)

賢い主婦みたい!?(家メシ)
賢い主婦みたい!?(家メシ)
今日のお家ご飯は、みんな大好きコロッケだよん。

材料は昨日の残りの肉じゃがを使っちゃうから手間いらず。まるで賢い主婦みたいで、大威張りさっ。

肉じゃがコロッケの作り方は皆さんご承知の通りですが、食いしん坊の我が家は肝心なジャガイモが…うっ、残り少い!ガ〜ン。

五秒位その場で固まりましたが、なんのなんの、イモ二つ追加でOKさ。またまた賢い主婦ですな。

おかげで、丁度いい感じで水分を吸ってくれてタネも良い感じ…。

肉じゃがは人参入りなので栄養バランスもグ〜ッド!

形はまん丸〜くかわいく作りましょ。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン「やまと」さんの…(食べ歩き/各務原)

ラーメン「やまと」さんの…(食べ歩き/各務原)
ラーメン「やまと」さんの…(食べ歩き/各務原)
ラーメン「やまと」さんの…(食べ歩き/各務原)
「やまと」さん、知ってるよね。愛岐大橋渡って割りとすぐ左手の交差点のカド。

もう8年になるんですって。

「しょうゆ」「しお」が定番で美味しー。でも今日は新作の「担々麺」を頂きました。

挽き肉いっぱいという感じでは無く、胡麻を活かしたチャーシュー麺と言う感じ。

辛口では無いので、得意で無い方も試してね。

●住所/各務原市前渡東町4-285
●定休日/日曜(祝祭日は営業)
●営業時間/AM11:30〜PM2:00、PM5:45〜PM9:30ラストオーダー
●電話/058-386-8951

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステーキ(ソース)!(家メシ)

ステーキ(ソース)!(家メシ)
ステーキ(ソース)!(家メシ)
ステーキ(ソース)!(家メシ)
今日はステーキだよんー!

ヤッホー。

イオン扶桑で買ったタスマニアビーフだよんー!

ヤッホー

一切れ500円台のヤツですが…。

どんなお肉でも美味しく食べたい我が家の住人たち。ソースにもトーゼンこだわります。

ただ、お肉がお肉だけに、家にある材料にて!

写真に撮ったのがその材料たち。

コーミソース(ウスターソース)、カゴメケチャップ、赤ワイン、バルサミコ酢、エバラ黄金の味(※これがミソ!)、醤油、バジルペースト、カレー粉、胡椒、クミンなどなどをテキトーに入れ、水分が飛ぶまで煮込む。

ここで、グルメ(?)な我が家のワンポイント。肉を焼いた時の肉汁が付いたままのフライパンを洗わずに取っておく。そこに上記のソースを入れ、焦げなどもキレイにこそぎ取りながら煮立てる!そして仕上げに生クリーム少々。(ともにダイエット中の方は避けるべし)

うーん、今日はケチャップを入れ過ぎた。まぁ、バーベキューソース風だな。よしっ!

以上、イオンのタスマニアビーフを美味しく食べるテクノロジーでした〜。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和食の新店「和加奈」さん(食べ歩き/扶桑町)

和食の新店「和加奈」さん(食べ歩き/扶桑町)
和食の新店「和加奈」さん(食べ歩き/扶桑町)
和食の新店「和加奈」さん(食べ歩き/扶桑町)
和食の新店「和加奈」さん(食べ歩き/扶桑町)
和食の新店「和加奈」さん(食べ歩き/扶桑町)
扶桑郵便局の東隣に出来た旬菜美食創作料理「和加奈(わかな)」さん。

今日初めてお邪魔致しました〜。

昨年末にオープンされた折りに、駆け付けんですが、予約しなかったせいで、順番待ちに耐えられ無く、撤退してきたのでした。

今日はお一人さま。ごゆるりと…

お昼は1575円(10品)、2100円(11品)、2625円(12品)の三種類のコース。

1575円を試して来ましたが中々のもの。つまりお得と言うこと。

突き出し〜お造り(二種)〜お酢のもの〜焼き物〜揚げ物〜椀盛り〜ご飯、汁物、香の物〜水菓子
…という流れ。

オーソドックスながらも安心出来るお味とサービス。

店内は和のテイストでは無く、洋の設え。(お年を召した方にはこの方が良いですよね)

流行っておられるので、予約がベターでしょう。

●住所/扶桑町大字柏森字中切403
●定休日/日曜
●営業時間/AM11:00〜PM3:00、PM5:00〜PM9:00
●電話/0587-22-7531

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルサミコで…(家メシ)

バルサミコで…(家メシ)
バルサミコで…(家メシ)
バルサミコで…(家メシ)
バルサミコ(酢)、お料理に使ってる?

普通、イタリア料理の時、焼いた肉や魚に煮詰めたバルサミコを掛けたりしますね。

家庭では余り使い道が無いかも知れませんが、オススメ料理がありますので、お知らせしますね。

蓮根の輪切りに片栗粉をまぶして、ニンニクを軽く炒めたオリーブオイルで焼き目が付くまで焼く。この時、塩を少々。

次にカシューナッツを適量を併せて炒め、熱が入ったところで、バルサミコをたっぷり振り掛ける。

酸っぱい煙がたくさん上がるけど、更にビビらず振り掛ける!

バルサミコの水分が飛んで、全体に絡んできたら完成。

よい一品になりますよ。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

只今、新しいカフェを取材中!

只今、新しいカフェを取材中!
只今、新しいカフェを取材中!
前にも触りをお伝えしてますが、東濃地方の山中にあるカフェさんを取材させて頂くことになりました!

水曜日に撮影がありますので、早速このブログにも載せるつもり。

お楽しみに…。

(トッピィ松本)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「搾りたての新酒…」続報4(食べ歩き/一宮市)

「搾りたての新酒…」続報4(食べ歩き/一宮市)
「搾りたての新酒…」続報4(食べ歩き/一宮市)
「搾りたての新酒…」続報4(食べ歩き/一宮市)
「搾りたての新酒…」続報4(食べ歩き/一宮市)
牡蛎味噌鍋(一人鍋)であったまり、終盤を飾るのは石川県の純米「池月」(火入れ)。能登半島の中程にある蔵ですね。

冷でも“かん”でも両方いけるお酒ですが、今日は“かん”で。

飲み飽きない本格派です。

どれも個性的で、美味しいお酒ばかり!

酒好きの方には、ホントに素晴らしい企画だったのではないでしょうか。

ワタクシ事ですが、偶然、母校の先生がお二人も参加者の中におられ、とっても緊張しながらの運営でございました。

最後に「酒粕アイス」で〆。皆さま上機嫌でのお帰りとなりました。

来週土曜7時からは、「楽じ庵」さんで、「新蕎麦と新酒を楽しむ会」があるんです。

来週は飲んじゃうゾ〜!!

(トッピィ松本)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「搾りたての新酒…」続報3(食べ歩き/一宮市)

「搾りたての新酒…」続報3(食べ歩き/一宮市)
「搾りたての新酒…」続報3(食べ歩き/一宮市)
「搾りたての新酒…」続報3(食べ歩き/一宮市)
日本料理「四季鍋・すず音」さんで開催された「搾りたての新酒を楽しむ会」の続報です。

蒸し物に続いて、揚げ物は、「鱈場蟹」「蕗味噌カナッペ」「鴨つみれたらの芽鋳込」

お酒は岐阜中津川の山田耕司さんが米作りから行う「三千櫻」(純米しぼらたて生原酒)。

辛口ではなく、上品な味わい。一年熟成で旨みがましてるとのこと。

すず音さんのお料理に相性ばっちりですね。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「搾りたての新酒…」続報2(食べ歩き/一宮市)

「搾りたての新酒…」続報2(食べ歩き/一宮市)
「搾りたての新酒…」続報2(食べ歩き/一宮市)
「搾りたての新酒…」続報2(食べ歩き/一宮市)
お造りの次は美味しいものの“箱盛り”。

「ふぐ皮煮凝り」「ポン酢」「海老生姜煮」「数の子粕漬け」「鯖砧巻き」「鴨葱巻き」「焼き一寸豆」「塩雲丹ゆず釜盛り」「たら白子醤油焼き」「唐揚げ(蓮根・慈姑・銀杏)」

その後、真鯛のちり蒸し…。

お酒は養老の銘酒「醴泉(れいせん)」。淡麗、辛口の素晴らしいお酒!(アぁ、ホントに辛い…)

サァ、お次。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「搾りたての新酒…」続報1(食べ歩き/一宮市)

「搾りたての新酒…」続報1(食べ歩き/一宮市)
「搾りたての新酒…」続報1(食べ歩き/一宮市)
「搾りたての新酒…」続報1(食べ歩き/一宮市)
予定を少々押してスタートしました「搾りたてを楽しむ会」。

食前酒、先付けに引き続きお造りへ。

愛知が誇る純米大吟醸「空」が皆さまのテーブルに!

お酒好きな方は、もうこれだけでも、今日は語り草のレア酒です。

アぁ、舐める事も出来ない主催者は辛い〜!

サァ、お次。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

搾りたての新酒を楽しむ会、いざスタート!(食べ歩き/一宮市)

搾りたての新酒を楽しむ会、いざスタート!(食べ歩き/一宮市)
搾りたての新酒を楽しむ会、いざスタート!(食べ歩き/一宮市)
きき酒師、広瀬恭子さんを講師に招いての「搾りたての新酒を楽しむ会」が一宮市瀬部の「四季鍋・すず音」さんで、今まさにスタートします!

どんなお酒とお料理が出て来るのか!?

今から楽しみ!

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新作ロールケーキ(食べ歩き/扶桑町)

新作ロールケーキ(食べ歩き/扶桑町)
新作ロールケーキ(食べ歩き/扶桑町)
扶桑町のギャラリー&カフェ「コントレール」の美子さんが、新しいロールケーキを作られました。

その名も「クリームチーズの珈琲ロール」。

北海道産のクリームチーズを贅沢に使ったロールケーキなんです。

キャラメリゼした胡桃がグッドなアクセント!生地の珈琲との苦味の対比も良いコントラストを生んでますね。

是非、是非、行ってミテ。

(トッピィ松本)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

意外な隠し味。(家メシ)

意外な隠し味。(家メシ)
意外な隠し味。(家メシ)
今晩の献立は「ピーマンの肉詰め」だよん。

息子の提案でケチャップソースに“ビターチョコ”を入れてみることに…(少し変わった子なんです)

●肉詰めを焼いたフライパンにケチャップ1カップに、赤ワイン(半カップ)を加えて加熱。

●ウスターソース(大さじ3)を入れたところに“ビターチョコ”を一枚(ひと欠片)投入。

●仕上げにオリーブオイル少々、黒胡椒、白胡椒、乾燥バジル、クミン、カレー粉少々を入れ、完成。

味見は忘れないでね。

いつもの肉詰めが、ちょいとメキシカンにグレードUP〜!

温かいうちは、チョコが弱く感じられますが、冷めてくると、チョコが立ってきます。

このアイデアはメキシコ料理の「エンチラーダス」からのもの。

江南市のテックスメックス(テキサスとメキシコと南部アメリカ風)レストラン&カフェ「ヨシュアツリー」さんから頂きました。(岡和田さん、勝手にゴメン〜)

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「いきなりだご」頂き!(お土産/熊本)

「いきなりだご」頂き!(お土産/熊本)
「いきなりだご」頂き!(お土産/熊本)
「いきなりだご」頂きました。美子さんが同窓会に行かれた折りに買って来て下さいました。

熊本の庶民的なおやつ菓子なんですって。

サツマイモの輪切りの上に餡子をのっけ、小麦粉の皮にくるんで蒸した簡単なお菓子。

レンジで「チン」して正解。

素朴で美味しー。

こういうシンプルなものはいいね。

カリスマパティシエの後だけに、余計にそう思いますね。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・カレーうどん!(食べ歩き/犬山市)

ザ・カレーうどん!(食べ歩き/犬山市)
ザ・カレーうどん!(食べ歩き/犬山市)
しつこくてスミマセン…。

犬山市楽田旧41沿いの「若鯱屋」さんに、また行ってしまいました。

何か悪い事したみたいな言い方で…。(けっして、そんなことありません)

客人が昼時においでになった時は、高い確率で「若鯱屋」さんにお連れするんですよ。(例のチェーン店さん系列では無い)

今日の客人は、はるばる岐阜は瑞穂市から家具職人の糸魚川幸夫さん。

ウチのローテーブルのメンテナンスに来てくれたの。

遠いところから来たヒトには、なお、こちらにお連れしたくなるんです。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カリスマパティシエのお土産

カリスマパティシエのお土産
カリスマパティシエのお土産
カリスマパティシエのお土産
カリスマパティシエのお土産
今日はお土産で買ってきた辻口シェフのカステラを自分自身で食べてみました。

金沢茶を使ったカステラという事でした。

ごちそうさま。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カリスマパティシエのお店へ1(旅/金沢)

カリスマパティシエのお店へ1(旅/金沢)
カリスマパティシエのお店へ1(旅/金沢)
カリスマパティシエのお店へ1(旅/金沢)
カリスマパティシエのお店へ1(旅/金沢)
南砺市の「薪の音」さんから高速を使って約40分、金沢城近くの「石川県立美術館」内にあるカリスマパティシエ“辻口博啓”さんの店、「ルミュゼドゥアッシュ」にやって来ました。

世界選手権でも優勝したというあのパティシエです。

美術館の中ってのがお洒落でしょ。

種類がたくさんで迷っちゃう。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「薪の音」風景アルバム2(旅/南砺市)

「薪の音」風景アルバム2(旅/南砺市)
「薪の音」風景アルバム2(旅/南砺市)
「薪の音」風景アルバム2(旅/南砺市)
雪の風景は、何とも幻想的。

つい寒さを忘れて…

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「薪の音」風景アルバム1(旅/南砺市)

「薪の音」風景アルバム1(旅/南砺市)
「薪の音」風景アルバム1(旅/南砺市)
「薪の音」風景アルバム1(旅/南砺市)
「薪の音」さんの周りの風景です。

この日はこの冬、三度目の大雪の後。

ご近所の家々は雪掻きに勤しんでおられました。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「薪の音」のご主人(旅/南砺市)

「薪の音」のご主人(旅/南砺市)
「薪の音」のご主人(旅/南砺市)
「薪の音」のご主人(旅/南砺市)
一日三組までの里山のオーベルジュ「薪の音」のご主人、山本誠一さんです。

ご自邸を古民家風のオーベルジュに建て替え、経営されておられます。

山本さんは、お米を作る農家でもあるんです。

こちらで提供されるお米は山本さんが携わった特別栽培のコシヒカリ。

山本さんは里山と農業、そして観光との新たなあり方を作る為に、このオーベルジュを始められました。

一日三組でもとってもスケールの大きなお宿なんです。

里山の宿「薪の音」
●富山県南砺市野口140
●0763-62-3255
※東海北陸自動車道「福光IC」を降り約10分

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「薪の音」の朝(食)。(旅/南砺市)

「薪の音」の朝(食)。(旅/南砺市)
「薪の音」の朝(食)。(旅/南砺市)
「薪の音」の朝(食)。(旅/南砺市)
「薪の音」の朝(食)。(旅/南砺市)
「薪の音」の朝(食)。(旅/南砺市)
オーベルジュ「薪の音」さんの朝です。

「胡桃合え」「湯葉餡」「炊き合わせ」「鱈と白子柚子釜」「ノドグロとだし巻き」などなど…。

でも何と言ってもオーナーの山本さんが特別栽培された“コシヒカリ”がやっぱりメインディッシュですね。

ごちそうさまでした〜。

さぁ、今日は何処へ出掛けよう?

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お早うございます。「薪の音」の朝。(旅/南砺市)

お早うございます。「薪の音」の朝。(旅/南砺市)
お早うございます。「薪の音」の朝。(旅/南砺市)
お早うございます。

オーベルジュ「薪の音」の朝です。今朝の客室からの眺めですよ。

素晴らしいでしょ。

南砺市の東山と呼ばれている連山です。

思わず手を合わせたくなる感じがします。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食後はゆったりロビーで炎を眺めながら…(旅/南砺市)

食後はゆったりロビーで炎を眺めながら…(旅/南砺市)
食後はゆったりロビーで炎を眺めながら…(旅/南砺市)
食後は寛ぎタイム。

一日三組までだから、バタバタしませんねぇ。

薪ストーブの炎を眺めながら、時間も経つのも忘れて…。

薪ストーブって、建物全体を温っためるねぇ。寒く感じるところが、あまり無いですわ。

ホントにゆったりした時間と空間をありがとうございました。

「薪の音」さん、やっぱり素晴らしい。自分自身、リピートしたくなるのが、解りました。

やはり“心遣い”でしょうね。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「薪の音」夕食その8(旅/南砺市)

「薪の音」夕食その8(旅/南砺市)
「薪の音」夕食その8(旅/南砺市)
「薪の音」夕食その8(旅/南砺市)
ご馳走様でした。

そしてデザートを「いっただきま〜す!」

三人で、それぞれ違うのを頼んじゃった。(ワガママですみません)

「苺のアイス」「干し柿のアイス」「チョコフォンダン」

それぞれ全部味見させて頂きましたよ。

どれもくどく無く、良い加減。でもちょっとだけ個性を加えてあるわ。ハーブの香りだったり、素材だったり…。

干し柿のアイスは、中でも秀逸。二回、味見させてもらいました。(奪ったということか)

海の幸、山の幸、里の幸…地元の素材に心と知恵を込めて作って下さって、ホンにありがとう。

たくさんの感動も、お腹の中に詰め込んだよ〜。

ご馳走様でした。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「薪の音」夕食その7(旅/南砺市)

「薪の音」夕食その7(旅/南砺市)
「薪の音」夕食その7(旅/南砺市)
「もしよろしければ、ご飯をお持ちしますが…」とのお誘い。

「お腹はいっぱいですが、もちろん頂きます!」と即答。

やっぱりコメどころですから。

こちらは昔懐かしい“竃(かまど)”で炊いて頂いたご飯。

粒のひとつ一つが立ってますわな。(もちろん完食)

ご馳走様でした〜

さぁ、次。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「薪の音」夕食その6(旅/南砺市)

「薪の音」夕食その6(旅/南砺市)
「薪の音」夕食その6(旅/南砺市)
さぁ、メイン。

「牛サーロインのグリル」です。

ワタクシはレアで、お隣はウェルダンでオーダー。

一口頂きましたが、どっちも美味!どちらも良さがあるね〜。(そんなことばっかり言ってるから、体型に影響大なんだけどねぇ)

合わせてあるソースは、何だろう?しっかりした濃い目のモノに、さらに黒胡椒でパンチを効かせて…。

ホウバのあしらいも恰好良いねぇ。お舟みたいな形になってるけど、どうやったんだろう?

その下に熱した小石が敷き詰めてあって、熱つ熱つで頂けましたよー。

シェフ、ありがとう。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「薪の音」夕食その5(旅/南砺市)

「薪の音」夕食その5(旅/南砺市)
「薪の音」夕食その5(旅/南砺市)
「薪の音」夕食その5(旅/南砺市)
次々、行きます。

「ごぼうのスープ」
「鱈と白子のソテー」
「お口直し(伊予柑のソルべ)」

メインの前のラッシュか?次々、やって来ますね〜。

贅沢な冬の味覚に地の野菜を合わせて。

お味も強弱、濃淡のコントラストがあってまた良し。

飽きさせませんね〜

お次、メイン!

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「薪の音」夕食その4(旅/南砺市)

「薪の音」夕食その4(旅/南砺市)
「薪の音」夕食その4(旅/南砺市)
お次。

「我家の蕪(かぶ)、ずわい蟹とともに」と題したお皿。

オーナーのお宅で育てられた蕪(かぶ)を炙りって、焼き目を付けたモノにズワイの身と蟹ミソを贅沢に乗っけて…。

蕪を炙るってことは、家庭では、まずやらない事。そこらへんが、また新しい感覚でいいね。

ズワイが大きかったらしく、アボカドのムース仕立て風も、一品サービスして下さって!

感激。

さぁ、お次。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「薪の音」夕食その3(旅/南砺市)

「薪の音」夕食その3(旅/南砺市)
「薪の音」夕食その3(旅/南砺市)
「薪の音」夕食その3(旅/南砺市)
お次は「海の幸のサラダ仕立て」。

“氷見の寒鰤(ブリ)”ですよ。氷見の。お刺身なんですが、ちょいとスモークしてある!

芸が細かいねぇ。それだけじゃあ無く、水っぽさがなくて意外にも旨い!

合わせてある人参のマリネも見たこと無い刻み方。変わってます。

ブリのスモーク美味し。です。

次!

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「薪の音」夕食その2(旅/南砺市)

「薪の音」夕食その2(旅/南砺市)
「薪の音」夕食その2(旅/南砺市)
「薪の音」夕食その2(旅/南砺市)
先ずは“アミューズブーシュ”。前菜だね。

ズワイの身と卵、蕪(かぶ)をペーストにした美味しいもの、そして富山湾の甘エビと砺波の素麺をカペリーニ(極細パスタ)に“見立て”た冷製。

素晴らしい!

お酒もくいっ、くいっ。たまらん!

あしらってあるお花は近くの温泉の熱で咲かせた“桜”だそう。(花びらが細かな珍しいもの)

次いこ、次。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕食が始まったよ〜(旅/南砺市)

夕食が始まったよ〜(旅/南砺市)
夕食が始まったよ〜(旅/南砺市)
夕食が始まったよ〜(旅/南砺市)
夕食が始まりました。

お品書き、読めますかね。

富山の旬がいっぱい!

お酒も富山ブランドで!

「七笑」と、あれっ、もう一つなんだっけ?

もう、酔いが回ってきたようで、失敬、失敬。

では、いっただきまーす。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪見風呂(旅/南砺市)

雪見風呂(旅/南砺市)
雪景色を見ながら“ジャグジー”に入らせて頂きました。

最高に贅沢な昼風呂。

ありがとう。

言い忘れたけど、「薪の音」さんは、一日三組のオーベルジュなんです。

里山のオーベルジュ。

頭を空っぽにして、本当に癒される場所です。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エスプレッソで寛いで…(旅/南砺市)

エスプレッソで寛いで…(旅/南砺市)
「薪の音」さん、お部屋のサービスについて。

普通、お部屋でお茶が淹れられるようになってますよね。

こちらでは嬉しいことに“エスプレッソマシン”があるの。

ゆったり出来るね。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「薪の音」お部屋から…(旅/南砺市)

「薪の音」お部屋から…(旅/南砺市)
オーベルジュ「薪の音」さん。

「四花菱」のお部屋からの風景です。

この間の大雪の雪降ろしが行われてました。

雪はキレイなだけじゃ無いね。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「薪の音」さんに到着。(旅/南砺市)

「薪の音」さんに到着。(旅/南砺市)
「薪の音」さんに到着。(旅/南砺市)
「薪の音」さんに到着。(旅/南砺市)
オーベルジュ「薪の音」さんに着きました。

“オーベルジュ”って、レストランだけど泊まれる宿って意味(確かフランス語)。

こちらは米どころ富山平野と、氷見港から上がる日本海の鮮魚を活かした和洋折衷のお料理が頂けるお宿。

オーナーは米づくりもされる農家さんでもあるんです。

ロビーで先ずは、お疲れ様の一服のおもてなし。薪ストーブの前のソファーに腰掛け、暫しオーナーと談笑。

回りにあるのは“雪”だけ。今から暫し携帯の電源も落とさせて頂きますね。

あー、夕げが楽しみ…。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い立って富山へ(旅/南砺市)

思い立って富山へ(旅/南砺市)
思い立って富山へ(旅/南砺市)
昨晩、旅に出ることを思い立って富山のオーベルジュ「薪の音」さんに向かってます。

今はひるがの高原サービスエリアで昼食。

レストランの前に“かまくら”が作ってありました。

初めて入らせてもらいましたよ。

さぁ、これから峠越え。高速に雪がありませんよう。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬山城下の朝市(食べ歩き/犬山市)

犬山城下の朝市(食べ歩き/犬山市)
犬山城下の朝市(食べ歩き/犬山市)
犬山城下の朝市(食べ歩き/犬山市)
犬山城東、木曽川左岸(花火上げるところネ)で朝市やってるの知ってる?

中々たくさんのお店が出店しておられます。

50〜100店くらいかな?(ざっくりですな)

このブログにも良く登場する「ビストロ・MARU(マル)」さんも出店してるんだよね。

「寒いけど頑張って〜」
やってるのは、日曜日の朝ね。7時から8時半くらいかな。

「ハーブポット」さんや「花職人みっち」さんもだいたい毎週出てるよ。

お知り合いも増えると朝市も楽しいよー。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリアン、やっぱり「ジーロ」さんかな…(食べ歩き/各務原)

イタリアン、やっぱり「ジーロ」さんかな…(食べ歩き/各務原)
イタリアン、やっぱり「ジーロ」さんかな…(食べ歩き/各務原)
イタリアン、やっぱり「ジーロ」さんかな…(食べ歩き/各務原)
イタリアン、どちらがお好み?

色んな絡みがあって言いにくいけれど、勇気を持って申し上げます。

五指の上位に来る存在として、各務原の「ジーロ」さんの存在は語らねばなりません。

美味しいのは当然として、特記すべきはその鬼神の如きスピードと、無限大にも見える引き出しの多さ!

ベースにフレンチ時代のご修行が有るからかも…。

こちらに来られたら、是非オーソドックスなメニューでは無く、ちょっと変わった名前のものを注文下さい。

楽しめること請け合い。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「XO醤」使うべし(ウチ飯)

「XO醤」使うべし(ウチ飯)
「XO醤」使うべし(ウチ飯)
「XO醤」使うべし(ウチ飯)
「XO醤(じゃん)」使ってる?

これがあると普通の野菜炒めが、バツグンに美味になります。

最近、アピタさんに置かなくなっちゃったので、ミッドランドにある「富澤商店」で購入。

682円でした。

干蝦や干貝柱などのエキスが素晴らしい!是非、試して下され。

ところで何で“XO”なんでしょう?誰か教えて〜。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船さんとこの牡蛎が…(食べ歩き/江南市)

船さんとこの牡蛎が…(食べ歩き/江南市)
江南市、旧昭和病院すぐ東の「とんかつの船はし」さん。

とんかつも素晴らしいけど、牡蛎フライの牡蛎が、この時期巨大化してきましたので、とりあえずご報告まで。

この不景気に“満員”でした。(スゴいね船さん!)

☆住所などは前の記事を見てね〜。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪ヤナギに雪。(お庭/江南市)

雪ヤナギに雪。(お庭/江南市)
「蝋梅(ろうばい)」が咲いたから次は「雪ヤナギ」だよね。

…なんて思っていたら、早朝から凄い雪!

「雪ヤナギ」に“雪”が降り積もったので、花が咲く前に写真撮ってみました。

花のほうが、やっぱりキレイだね。

今日は皆さん、気を付けて行ってらっしゃい!

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「プチベルドー」さん久々…(食べ歩き/犬山市)

「プチベルドー」さん久々…(食べ歩き/犬山市)
「プチベルドー」さん久々…(食べ歩き/犬山市)
「プチベルドー」さん久々…(食べ歩き/犬山市)
「プチベルドー」さん久々…(食べ歩き/犬山市)
犬山の隠れ家的ビストロ「プチベルドー」さんに参りました。

何年ぶりの事でしょう?

何故って?

だっていつ来ても満員だもの。

じつは創刊当初のトッピィで取材させて頂きましたんですよ。

その節は大変お世話になりました〜。不景気ですが頑張って参りましょうネ!

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましてパン(食べ歩き/名古屋市)

明けましてパン(食べ歩き/名古屋市)
明けましてパン(食べ歩き/名古屋市)
今年初めてのパン屋さんは「FAUCHON(フォション)」さんになりました。

いつもこんなラインナップで買ってますが、新製品も買う様にしてます。

今回はコレ。名前はえ〜っと、忘れちゃいました。ゴメンなさい。

でも、特別に奨める程でもありませんでした。(まぁまぁってことネ)

個人のお店も好きですが、「フォション(高島屋)」「メゾンカイザー(高島屋)」「ジョアン(三越)」など、デパート系のパン屋さんも安定した美味さがあって好き。

大手と言えども、新製品開発や、たゆまない努力もしてらっしゃる様に感じますね。

個人店さんは、品揃えや他店のマネじゃあ無くて、地産地消や人柄や個性、他業者とのコラボや朝市等のイベントで頑張って頂きたいものです。(老婆心乍ら…)

何でもかんでも(大して魂の入れて無いって意味で)、作って並べ無くても良いように思います。

消費者の皆さんも、そういう努力してらっしゃる個人店さんを是非、応援してあげて下さいね。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“ザ・創作ラーメン”(食べ歩き/各務原市)

“ザ・創作ラーメン”(食べ歩き/各務原市)
“ザ・創作ラーメン”(食べ歩き/各務原市)
“ザ・創作ラーメン”(食べ歩き/各務原市)
“ザ・創作ラーメン”(食べ歩き/各務原市)
連日ですが、各務原の「治朗」さんに行きました。

正確に言うと、昨日はイタリアンの「ジーロ」さん。今日はラーメン「治朗」さん。

どちらも河合シェフのお店。隣合わせに建ってるんですわ。

元々「治朗」さんは博多出身の河合シェフが、本物の博多長浜ラーメンを岐阜の人たちに知ってもらうために作ったお店。

昨日、河合さんに聞いて初めて“創作ラーメン”の事を知り、「また次回」と思っておりましたが、食いしん坊なので、今日来てしまいました〜。(お恥ずかしい…)

確か全部で9種類ありましたが、家族で3種類チャレンジ!

「トマトベース」「海老バター」「カルボナーラ」を注文。いずれもイタリアンぽいニュアンス。

麺も“平打ち”とちょいとそれよりは細い“巾広”の2種が選べます。

帰り際に若い衆に「誰が考えたの?」って聞いたら「シェフです〜」ってちょいと困り顔。

「やっぱりな」って感じ。
選ぶのもとっても楽しいし、美味しい!

是非、是非、お試しあれ。

●住所/各務原市那加前洞新町二丁目208
●定休日/火曜
●営業時間/AM11:30〜PM2:00、PM5:30〜PM9:00
●電話/058-389-6345

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の使者、今年も…(お庭/江南市)

春の使者、今年も…(お庭/江南市)
庭の「蝋梅(ろうばい)」の黄色い花が、今年も咲きました。

「蝋梅」が一年のトップバッターなんだよね。

この花が咲くと、次に「ユキヤナギ」「梅」「桜」「ハナミズキ」…と春から初夏に向け、色んな木々たちが入れ替わり立ち替わり、目を楽しませてくれるんです。(自然ってホントにお見事)

だから、「蝋梅」はワタクシにとっては春の訪れの象徴。

まだまだ全然、真冬ですが、ちょっと元気を貰えるんです。

特に庭のこの木は、立ち枯れ掛けてたのを、元気だった息子と一緒に移し植えたもの。(確か8年前のこと)

それから2年は枯木のまま。更に4年は葉を出すのがやっと。花を付けることもなく「ダメになっちゃったんだぁ…」なんて思ってたんですがね。

だから、幾ら小さくても花を付けてくれると感激もひとしお。

今年も早速、花びらに鼻を押し付け、その香りを胸一杯に吸い込んで“春のエキス”を頂きました。

ご馳走様です。そして感謝。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましてジーロさん(食べ歩き/各務原市)

明けましてジーロさん(食べ歩き/各務原市)
明けましてジーロさん(食べ歩き/各務原市)
明けましてジーロさん(食べ歩き/各務原市)
明けましてジーロさん(食べ歩き/各務原市)
明けまして初「ジーロ」さん。

今日のアラカルトは以下の通り。

●白子のイタリア風天ぷら
●イベリコ豚の味噌炙り焼き
●サワラの香草焼き
●鮪のレアステーキ・ケッパー風味
●牡蛎と白菜のパスタ(トマトソース)
●ゴルゴンゾーラのパスタ
●子羊のスパイスステーキ

牡蛎のパスタは通常、クリーム系か、オイル系にしてもらうんですが、今日はあえて“トマト”にしてもらいました。

たまには良いよね。

それにしても牡蛎のデカイこと!有り難く頂戴致しました。

「イベリコ豚の味噌炙り焼き」もイタリアンぽく無くて良いでしょ。

ここが河合シェフの真骨頂。引き出しが大きいヒトなんだわ。

今年もヨロシクね〜。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ビストロ・MARU(マル)」さんは有賀ミュージアム!(食べ歩き/犬山市)

「ビストロ・MARU(マル)」さんは有賀ミュージアム!(食べ歩き/犬山市)
「ビストロ・MARU(マル)」さんは有賀ミュージアム!(食べ歩き/犬山市)
「ビストロ・MARU(マル)」さんは有賀ミュージアム!(食べ歩き/犬山市)
犬山市五郎丸の「ビストロ・マル」さんはロンドンバスを洋食屋さんに改装したお店。

さらにこのバスの外も内も、瑞浪市の画家で陶芸家の有賀正希さんのイラストや陶芸作品で埋め尽くされてるんです。

お食事しながら、アートも楽しめる場所があるなんて、とっても良いでしょ。

ランチは予約してあげてね〜。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「明や」さんのわらび餅(お土産/一宮市)

「明や」さんのわらび餅(お土産/一宮市)
「明や」さんのわらび餅(お土産/一宮市)
「明や(あけや)」さんの、わらび餅!初めて頂きます〜。

わざわざ、持って来て下さったのは柳津の「酒のひろせ」の広瀬恭子ちゃん。

美味しい情報だけじゃなく、美味しいお土産までホント、いつもありがとう〜。(トッピィ感激!)

さすが“日本一のわらび餅”。ふわっと、もっちりプルン!黒蜜が練り込んであるのネ!そして、ちょいと香ばしい“きな粉”。

素晴らしい〜!

一宮(旧尾西市)に行った折りには立ち寄ってね。

●住所/一宮市小信中島東?子10番地
●定休日/要確認
●営業時間/要確認
●電話/0586-62-5141

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苺 New Year〜!(食べ歩き/扶桑町)

苺 New Year〜!(食べ歩き/扶桑町)
苺 New Year〜!(食べ歩き/扶桑町)
明けまして〜。

コントレールさんでティータイム。

ユキちゃんが、ささっとソースで「明けまして…」のご挨拶。

今年もどうぞヨロシクお願い致します。

(トッピィ松本)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

薪ストーブクッキング体験会(イベント/各務原)

薪ストーブクッキング体験会(イベント/各務原)
薪ストーブクッキング体験会(イベント/各務原)
薪ストーブクッキング体験会(イベント/各務原)
昨年末の27日の日曜日、各務原の「ファイヤーライフ」さんで薪ストーブクッキング体験会ってのを開催致しました。

薪ストーブって温ったまるだけじゃ無く、お料理もできたりしちゃう!

そんな事を読者の皆さん方と体験する会でした。

この日の講師は「ビストロ・MARU(マル)」の佐藤シェフ。

元々、ココット鍋を使ったオーブン料理が得意な佐藤さんが「丸鶏の蒸し焼き・リゾット添え」「ミネストローネ」「地元野菜を使ったピザ」を披露。

皆で美味しく頂きました〜!

薪ストーブ、使えますネ。

また、2月にもやりますんで、ご興味がある方はトッピィ編集室(0587-52-1355)迄お気軽に。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トッピィ編集室打上げ!(食べ歩き/大口町)

トッピィ編集室打上げ!(食べ歩き/大口町)
トッピィ編集室打上げ!(食べ歩き/大口町)
12月29日、トッピィ編集室の打ち上げがありました。

スタッフの皆さん、一年、お疲れ様。

読者の皆さん、ホントありがとうございました。

一年の〆は大口町の「初音」さんで。(今年は何かとお世話になりました〜)

この時期に頂くこちらの名物穴子。最高の癒しになりますな。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「黒糖かなさ」頂き(土産/沖縄)

「黒糖かなさ」頂き(土産/沖縄)
「黒糖かなさ」頂き(土産/沖縄)
「黒糖かなさ」頂き(土産/沖縄)
沖縄土産「黒糖かなさ」。

元旦に頂きました。賞味期限が三日と、とっても短い!

今時、賞味期限が短い方が「あれっ、良いものなのかな」なんて感じる様になりましたな。

黒糖○○…というネーミングから、甘ったるい感じかなと思いきや、意外にもあっさりした甘味のカステラ生地と、それを包むパイ生地。

沖縄土産、今まで舐めてました。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月二日は…

正月二日は…
正月二日は…
明けましておめでとうございます。

正月二日です。

朝はお雑煮。家人が体調不良で、夜は宅配ピザと「どん兵衛豚ねぎそば」。

大晦日に食べようかなと思って買って置いたやつ。

中井くんがCMしてるように“ピンそば”に変わって、ずいぶん食べ易くなりましたな。

食べ易過ぎて、物足りなかったです(笑)。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けまして頂きます!

明けまして頂きます!
明けまして頂きます!
明けまして頂きます!
明けましておめでとうございます。

ところで「すき焼き」って、どう作ります?

ウチではまず、肉を生卵だけでシンプルに頂きます。充分堪能した後、野菜や角ふや糸蒟蒻などを入れ、ごった煮にして盛り盛り頂きます。

どっちが関西風?関東風?

いずれにしても、良いとこ取りで頂く訳です。

今年も美味しく頂けるシアワセをお伝えして参りますので、どうぞヨロシクお願い致します。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年越しは(食べ歩き/一宮市)

年越しは(食べ歩き/一宮市)
年越しは(食べ歩き/一宮市)
年越しは(食べ歩き/一宮市)
2009年の締めくくりは「楽じ庵」さんで。

雪が降り出しました。

こちらの庭の沙羅双樹の木にも積もり出しました。

最後に蕎麦湯で〆。

後は紅白。今年もありがとうございました〜!

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »