« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【11】(旅/瀬戸内)

反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【11】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【11】(旅/瀬戸内)
震災ムードに引きずられないよう、自粛と“真逆”な旅行に出掛けてみました。

今日は、その四日目(最終日)。

「旅館くらしき」さんの朝食を頂き、チェックアウトの身支度。

ふと、床の間に目をやると、かの大作家“司馬遼太郎”先生直筆の色紙。

こちらの宿の事を褒めておられると言うことだな。

確かに倉敷一の歴史を誇るだけの事はありました。

この後、「大原美術館」に行ったんだけど、エルグレコとかモネ、ゴーギャンを観るつもりで。

何か、アレだね。アートの旅はさ、写真撮りにくくって、何だね、ブログ的には失敗だね。

しつこくやるまでも無かったわ。すんません〜。

後から一眼レフの方の画像、アップしますわ、ゴメンね。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【10】(旅/瀬戸内)

反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【10】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【10】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【10】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【10】(旅/瀬戸内)
震災ムードに引きずられないよう、自粛と“真逆”な旅行に出掛けてみました。

今日は、その四日目。

昨晩は、実は「旅館くらしき」さんの外で晩ごはんを頂きました。

酔っ払って写真が何処行ったか…。

という事で、明けて「旅館くらしき」さんの朝御飯〜!

炭火をおこして干物を炙り炙り…。

イイねー。

鯵に、ししゃもに、明太子。

ふっくら、あったかい卵焼き…。

ご飯も食べ過ぎちゃいますな。

あー、やっぱし晩ごはんも頂くべきだった。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【9】(旅/瀬戸内)

反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【9】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【9】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【9】(旅/瀬戸内)
震災ムードに引きずられないよう、自粛と“真逆”な旅行に出掛けてみました。

今日は、その三日目。

ベネッセアイランド=直島を後にして、フェリーで本州側岡山県に上陸。

安藤忠雄づくしの景色だったので、随分と雰囲気が変わるんだろうなぁ…。

なーんて、フェリーを降りてのんびり走ると、いきなり倉敷の街に入ってしまいました。

クルマで来るとこじゃ無いね。大変。

まぁ、宿にチェックインすれば万事解決なんだけどねー。

と言うわけで、早目のチェックイン。最も歴史の深いこちら「旅館くらしき」さんが、この旅最後のお宿なんす。

が、まずは倉敷の古めかしい街並みを散策しつつ、腹ごしらえ。

何か、うどん屋さんと“練り物”屋さんばかりで、どれにも食指が伸びない。

何か、イイ匂いを感じるカフェが一軒だけ在りまして、お邪魔致しました。

これまた随分と古めかしい商家をリフォームしたお店さん。

スタッフさん方は、だいたい20〜30代前半って感じ。こういう場所でカフェやりたいのは、何だろ全国共通の現象なんだね。

何故か“マスキングテープ”を雑貨的に流行らそうとしておられるお店さんでした。

それも色とりどりの。

メニューとかのアンダーラインなんかにあしらって。

それにしてもやっぱし“カレー”なんだね。

カフェさんは。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【8】(旅/瀬戸内)

反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【8】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【8】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【8】(旅/瀬戸内)
震災ムードに引きずられないよう、自粛と“真逆”な旅行に出掛けてみました。

今日は、その三日目。

朝食も部屋の隣のフレンチレストラン。8時に参りました。

今日も安藤建築で食事でございます。

そしてビュッフェでございます。

変な和食よりビュッフェの方がイイね。

ベネッセのビュッフェはまあまあだね。

〆に小豆島のにゅうめんを頂きました。

あー、食べ過ぎた。

この後は一路、倉敷へ。

あっと、その前に“家プロジェクト”の神社に行かなきゃ。

これで一軒残らず制覇じゃ。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【7】(旅/瀬戸内)

反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【7】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【7】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【7】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【7】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【7】(旅/瀬戸内)
震災ムードに引きずられないよう、自粛と“真逆”な旅行に出掛けてみました。

今日は、その二日目。

部屋の隣のフレンチレストランに8時に参りました。

コースのクライマックスに入って来たねー。

「桜鯛とホタテ(だったか)の擂り身のパイ包み」。の寄りの写真だな。

肉はウシ。

そして子羊。

ウシもまぁまぁだったけど、ヒツジが旨いなぁー。片面にクルミのパウダーがまぶしてあったりして、風味ヨシ、センスヨシ。

極上の脂はウシじゃあなくて、ヒツジだな。(確信)

中々ベネッセやるぞ!

デザートは3種からチョイス。まぁまぁだ。

カプチーノは薄い。

しかし、思ってたよりだいぶん良かった。

ベネッセ、やるっせ!

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【6】(旅/瀬戸内)

反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【6】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【6】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【6】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【6】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【6】(旅/瀬戸内)
震災ムードに引きずられないよう、自粛と“真逆”な旅行に出掛けてみました。

今日は、その二日目。

「ベネッセハウス」の中にある目の前が瀬戸内海という“ビーチハウス”にチェックイン。

その後、すぐ隣にあるフレンチレストランに8時に参りました。

もちろん、こちらの建物も安藤作品。大空間でのディナーだぁ。

中々美味しいワインもありましたよ。

料理名は忘れましたが、最初のは「ゴルゴンゾーラのクリームとビーツの寒天」だな。

次は「アンチョビのミニクロワッサン」。

その次は「マグロと茄子のミルフィーユ」。トッピングのパルメジャーノのカリカリが美味。

そして、濃〜い「魚介のスープ」。

更に「桜鯛とホタテ(だったか)の擂り身のパイ包み」。

中々センス良いでしょ。

まだまだ、これからだ。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【5】(旅/瀬戸内)

反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【5】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【5】(旅/瀬戸内)
震災ムードに引きずられないよう、自粛と“真逆”な旅行に出掛けてみました。

今日は、その二日目。

午前中にフェリーで直島にご到着。

昼食に立ち寄った「カフェサロン中奥」さんを後に、まずは直島の“家プロジェクト”を鑑賞。

けっこう足早に。

全て見させて頂きました。(予約が必要なのも有り。要注意)

取り組みは“面白い”。

続いて“地中美術館”へ。

あの“生きてる大建築家”安藤忠雄さんが、さらさらっと描いたスケッチをお弟子さんが、まとめて、大手のゼネコンさんが、頑張って建てた“ザ・コンクリート”だなぁ。。。

ダイナミックで素晴らし。

ベネッセさんも、ダイナミックだなぁ。

“しまじろう”って儲かるんだなぁ、なんて不謹慎なことを…。

「このコンクリートの一部はオマエの将来性の為に貢いだんや〜」などと、ムスコ氏に叫んだり…。

展示内容は素人的には、あっさりしたもんや。

モネの「睡蓮」より、安藤建築をぺたぺた手で触れられるっていう特典に価値があるなー。(ホントに)

そんでもって、泊まる場所も“安藤建築”〜!幾つかあるウチの最もエクスペンシブな「ビーチハウス」に。

非常にリッチ気分を味わわせて頂きました。

一万円高いだけだけれどねー。

なんだか品が良いせいか、美術館やアートって写真撮りにくくて…。

退屈な写真でゴメンね。

さぁ、次はディナーだぁ。

ありがたや。ありがたや。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【4】(旅/瀬戸内)

反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【4】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【4】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【4】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【4】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【4】(旅/瀬戸内)
震災ムードに引きずられないよう、自粛と“真逆”な旅行に出掛けてみました。

今日は、その二日目。

午前中にフェリーで直島にご到着。(じつは自分の運転でフェリーに載っけてもらうの初めてで、緊張したわ〜)

かねてよりの手筈で島内のお洒落カフェで昼食を優先という事で。(アートは昼食後に固めてしまおうと)

という事で目を付けていた「カフェサロン中奥」さんへ。

ロケーションを表す写真をまたまた撮りそびれましたが、町の外れの坂の上にある昭和の平屋建て民家を今風にリノベした感じのお洒落カフェ。

運良くカウンターに座れました。

何でも、オーナーさんは直島のご出身でベネッセハウスに就職して勤務されてご経験があるそう。

でもなんか都会暮らしをある程度の期間されておられたような洗練された身のこなし…。

特製のカレーとパニーニなぞ頂きました。瀬戸内名物の“オリーブサイダー”も。

小高い岡の上から島を眺められて、しばし幸せな時間。

「オーナー、また来るね」って言っときながら、スケジュール的に二回は残念ながら行けませんでした。

ゴメンね。

夜もイイ感じそうなお店ですわ。

あぁ、直島。序盤から中々期待させてくれまっせ、べねっせ〜。

ありがたや。ありがたや。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【3】(旅/瀬戸内)

反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【3】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【3】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【3】(旅/瀬戸内)
震災ムードに引きずられないよう、自粛と“真逆”な旅行に出掛けてみました。

明けて今日は、その二日目。

明けてもヤハリ竹林の中。

こういうところだと、自然とお水も大事に使う。

身支度を整えて、クルマに荷物を積み込んで、ふもとの食堂(兼ギャラリー)で朝食。

何でも、こちらのご主人、建築デザイナーとして随分とご活躍された由。
ギャラリーの中にはご主人やお仲間のアートが飾られていました。

お土産に菜園のお野菜を頂いてさっそく出発。

なぜこんなに急ぐかと言うと、月曜日は直島の美術館やアートプロジェクトが軒並みオヤスミで、この日曜日で出来るだけ回ってしまいたいから。

高松港から四国汽船のフェリーにクルマを載っけてもらって、一路、ベネッセアイランド直島へ。

写真は直島の港に着く直前、例の“草間弥生”さんのカボチャのオブジェをフェリーの上から撮ったもの。

「なんでい、草間ってのは?」とか言ってましたが、実際に現物を見ると興奮して何枚か撮ってしまいました。

ありがたや。ありがたや。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【2】(旅/瀬戸内)

反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【2】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【2】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【2】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【2】(旅/瀬戸内)
震災後の沈滞ムードに引き摺られないよう、自粛や地味な暮らしと“真逆”なイベントを、という事で旅行に出掛けました。

讃岐うどんを試した後、さっそく“竹林の宿”「八正庵」さんにチェックイン!

チェックインって感じでは無かったけど、いいお歳のご夫婦にお迎え頂きました。

ウェルカムドリンクは“甘酒”〜!

やったー。我を“アマザー”と知ってのおもてなしかー?(ありがたや)

こちらは竹林の中に建つ民宿(?)。

ホントに竹林の中。

やっぱり竹林の中。

お風呂も竹林の中。

自家菜園で採れた野菜を中心に、オカミさん手作りしてくださった料理を頂く。

(写真撮り忘れた)

部屋は一戸建てで、ヤハリ竹林の中。

合宿が出来るようにか、やたらにベッドの数が多い。10人分?12人分?

山の頂上付近、ヤハリ竹林の中、寒い〜。

こたつに入って、持ち込んだ“両口屋是清さん”の旅まくらを頂く。

ありがたや。

そして、初日からコアなお宿に来たもんさ。

オヤスミなさい。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【1】(旅/瀬戸内)

反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【1】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【1】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【1】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【1】(旅/瀬戸内)
反自粛“夢”のグルメ&アートの旅【1】(旅/瀬戸内)
震災後の沈滞ムードに引き摺られないよう、自粛や地味な暮らしと“真逆”なイベントを考えました。

もちろん、世の中の為に。(不謹慎ご容赦)

やっぱし自粛の真逆だから“旅”!

旅がイイやね。

それもヤハリ、西日本へ。(東日本は別で埋め合わせするからね)

そして自粛の真逆“グルメ”!

&実生活にまったく必要無い“アート”!

三拍子も、四拍子も揃ったアイデアで、我ながら悦に入るプランニング!

そしてルートは…

【1泊目】名神〜山陽道〜明石海峡大橋〜淡路島〜鳴戸大橋〜香川県高松市/「竹林の宿・八正庵」泊

【二泊目】
高松港〜(四国汽船フェリー)〜直島(西ノ浦港)〜「ベネッセハウス」泊

【三泊目】
直島(西ノ浦港)〜岡山県玉野市宇野港〜倉敷市「旅館くらしき」泊
※以後、帰路(山陽道〜名神高速経由)

ベネッセハウスと倉敷の大原美術館を併せた渋いプランのつもり。

四国って言えば、独身時代、当時は一本しか開通して無かったから“本四架橋”って呼んでた「瀬戸大橋」を電車で渡って、すぐに岡山に戻っちゃったので、実質、居たのは一時間くらい。

それも出張で。

だから個人的には、四国って響きにはウキウキするものが在るわけ。

讃岐うどんブームにも、竜馬伝ブームにも乗らんかったからねー。

ウチはいきなり“竹林”だわさ。(なんのこっちゃ…)

まぁ、愛知県からだからね。初日は着くので精一杯な訳で。

そんでもやっぱし香川。讃岐うどん行かねば!と、お腹の都合で一軒だけ行きました。

初日の宿「八正庵」の近くということで「讃岐うどん麺喰(めんくい)」さん。

四国での初体験。

ふーん。

あっそうそう、四国の山って変わったカタチしとるね。

何か、溶岩が粘り気があるのか、ポコポコした山のカタチ。

変わっとるわ〜。感激。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の晩ごはん。

今日の晩ごはん。
今日の晩ごはん。
今日の晩ごはん。

ご飯は“蛸めし”だけれど、おかずは、名前は無い。

家メシの中で、このおかずが一番スキ。

【一応作り方】

●長芋を厚さ1センチくらいに切る。
●豚バラ肉で巻く。
●片栗粉でまぶす。
●フライパンにサラダ油をひいてきつね色になるまで焼く。
●酒50CCで蓋をして蒸し焼く。
●最後に合わせ調味料(醤油+砂糖)を振り掛け、絡める。トロみが付いたら完成。

みんなのウチにも、このおかずある?

甘辛でブーも旨いし、長芋もサクッサク!

美味しいよ〜。

頬っぺた落ちるゾー。

ありがたや。ありがたや。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あー、花は素晴らし

あー、花は素晴らし
あー、花は素晴らし
あー、花は素晴らし
あー、花は素晴らし
桜だけじゃあ無いねー。

みんな素晴らしい。

思わずパチリ。

ありがたや。ありがたや。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

桜、さくら、サクラ…

桜、さくら、サクラ…
桜、さくら、サクラ…
桜、さくら、サクラ…
桜、さくら、サクラ…
桜、素晴らしいねー。

あんまし素晴らしいからパチリ。

ありがたい。ありがたい。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ収穫…???

そろそろ収穫…???
そろそろ収穫…???
そろそろ収穫…???
そろそろ収穫…???
そろそろ収穫…???
“お庭やケンちゃん”こと岩倉の庭師、杁本健一ちゃんが、自宅玄関前に作ってくれた「ベジタブルコンテナガーデン」の野菜たちが、大きく育ってくれました。

春菊、サンチュ、ブロッコリー、菜の花。

どれも収穫して食べるのが、もったいないっつーか、可哀想。

毎日見てただけれど、愛着が湧いちゃうんだねぇ。

収穫したいような、したく無いような…。

さあて、どうする、どうする。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牡蛎のクリームパスタ(食べ歩き/各務原市)

牡蛎のクリームパスタ(食べ歩き/各務原市)
これも「ジーロ」さんのパスタだね。

あんまし牡蛎が立派なので載せときますね。

もう牡蛎も終わりだねぇ。

ありがたい。ありがたい。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タコのアラビアータ(食べ歩き/各務原市)

タコのアラビアータ(食べ歩き/各務原市)
各務原のイタリアン「ジーロ」さんの“タコ”のアラビアータ。

こちらの定番パスタです。

タコがもりもり!

ニンニク、ゴロゴロ!

トマトソースもこってり!

パスタは手打ちでモチモチ!

イタリアンというジャンルに限らず、この辺りの料理店では、河合シェフのセンスは抜きん出て素晴らしい!

彼は、ぜったい食い意地張ってると思うわ〜。

素材を見て、「こうやって食べたらさぞかし旨かろう…(うっしし)」って言う脳の回路がズバ抜けてて太いに違いない!

ワタクシも同類の脳の回路を持っていますから、解るんです。

こちらはランチじゃあなくて、夜に行って欲しいわ。パスタは最低三皿は注文すべし!(もちろん、その他のお皿も)

行儀悪くてイイから取り皿貰ってシェアして食して下され。

一皿かそこら、おつまみの様に頂いても、中々その店の力量は分からんでしょう?

ありがたい。ありがたい。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

明太子の…。(家メシ)

明太子の…。(家メシ)
明太子の…。(家メシ)
またまた隣の家から貰いモノしたわ。

明太子。

貰いモノは、何故だかパスタになる我が家。

「明太子スパ」ですな。

ウチは永久ダイエットなので、バターはご法度です。

コレステロール0のオリーブオイルにコショウ入れて明太子をクラッシュ!

アルデンテのスパゲッティーニを手早く和える。

トッピングは有りモノの大葉ね。

また一食かわしました。

ありがたい。ありがたい。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“紅菜苔(こうさいたい)”のペペロンチーノ(家メシ)

“紅菜苔(こうさいたい)”のペペロンチーノ(家メシ)
“紅菜苔(こうさいたい)”のペペロンチーノ(家メシ)
「こうさいたい、あげるわ!」

「何?コウサイタイって?」

「うーん、何だろ」

まぁ、そんな感じで我が家にやって来た“紅菜苔(こうさいたい)”。

まだまだ有るので、今日は、ペペロンチーノ。

やっぱり黒いのが、それだよね。

個性的でしょう?

味、食感ともに“菜の花”だよね。

鈍感やから、細かい事、分からんわ。

何でも、抗酸化作用が強いポリフェノールが豊富なのだそう。

ガンが治っちゃうね。

赤ワインと一緒にやったら最強だよね。

ありがたい。ありがたい。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“紅菜苔(こうさいたい)”のトマトソースパスタ(家メシ)

“紅菜苔(こうさいたい)”のトマトソースパスタ(家メシ)
“紅菜苔(こうさいたい)”のトマトソースパスタ(家メシ)
“紅菜苔(こうさいたい)”のトマトソースパスタ(家メシ)
「こうさいたい、あげるわ!」

「何?コウサイタイって?」

「うーん、何だろ」

まぁ、そんな感じで我が家にやって来た“紅菜苔(こうさいたい)”。

確か、こんな字を書きますか。

出荷停止措置の野菜のリストにあったので、後から知りました。

「これがね」

ちゃんと頂きますからね。

シンプルなトマトソースを作って、トッピングにしたわ。

オリーブオイルでソテーして軽く塩コショウね。

黒いのが、それだね。緑の菜の花も混ざってるかも。

ありがたい。ありがたい。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スナックえんどうのパスタ(家メシ)

スナックえんどうのパスタ(家メシ)
スナックえんどうのパスタ(家メシ)
「スナックえんどう」を貰いました。

可愛いパスタにしました。

アンチョビとXO醤を隠し味に、いわゆるペペロンチーノです。

当家では比較的質素なパスタですが、「XO醤とか贅沢かも…被災地の皆さんの事を考えると…」などと考えてしまいます。

それにしても大変な春になりましたね。

難に遭った方、少し遭った方、遇わなかった方、皆、随分と傷付いてますね。

なにしろ力が出ない。

淡々とこなす事すら、しんどい。

皆、そうでしょうね。

この時期“食べ歩き”もしんどい。

でも…。

今は与えられたことを、しんどくてもやりましょう。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »