« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

アニサキスのお話を拝聴しながら…。(昼食情報)

アニサキスのお話を拝聴しながら…。(昼食情報)
アニサキスのお話を拝聴しながら…。(昼食情報)
アニサキスのお話を拝聴しながら…。(昼食情報)
アニサキスのお話を拝聴しながら…。(昼食情報)
アニサキスのお話を拝聴しながら…。(昼食情報)
今日のお昼は、焼きそば「一平ちゃん」だぞー!

マヨビームが上手くできなくって、ブヨブヨな感じでスミマセン。

それはそうと!

テレビで鶴瓶さんが、“アニサキス”にやられてって、話をしてました。

お腹の中にまだ“アニサキス”が居るそうで、後で病院に行くって…。

アジだとかサバ、イカが飼ってる“寄生虫”だそう。

調理中に目で判るそうだねー。プロは掴んで捨てるそうな。

知らんかったわ〜!

間違って食べると、胃の壁に引っかかって、メチャクチャ痛いって。

へーっ!

野菜にしろ、肉、野菜にしろ、食べ物を頂くっていうのは、リスクが有るって事だね。

久しぶりに「笑っていいとも!」見てて、役に立ちました。

タモリさん、有り難う。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

辛っ!辛っ!辛っ!三銃士(家メシ)

辛っ!辛っ!辛っ!三銃士(家メシ)
辛っ!辛っ!辛っ!三銃士(家メシ)
辛っ!辛っ!辛っ!三銃士(家メシ)
今日の晩ごはん。

◎明太子スパゲティ

◎キムチとアボカドの韓流サラダ

◎長ピーマン

以上三品。

どれも辛そうなじゃない?

別にわざとそうした訳じゃ無いけどね。

どれが一番辛そう?

【ヒント】
◎実は“長ピーマン”はアピタ西店で購入。

◎売り場では確か“辛くない”と書いてあったモノ。

【答え】
長ピーマン、六本ある内、四本、メチャクチャ辛かったゾー!

メチャクチャ辛かったンだゾー!!

六本中、四本だぞー!

でも、辛好きだから、赦す。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すやくり晩ごはん!

すやくり晩ごはん!
すやくり晩ごはん!
今日の晩ごはんは“すやくり”だょ。

「日清」様の冷やしうどんに、イオンの惣菜売り場の揚げ物を乗っけた!

“すやくり”って、知ってる?

“すやくる”とか“すやくり仕事”みたいな動詞的な使い方や形容詞的な使い方も致します。

「簡単に、手を抜いて物事を行う」事、又はその様って、意味ね。

ワタクシは、この言葉を結婚してから相方から教えてもらいましたが、皆さん、ご存じ?

尾張地方では聞いた事が余りありませんので、名古屋弁の中でも伝統的な古いスタイルのものかも知れません。

“こずむ”【動詞】

“おぞくらしい”【形容動詞】

なども正調的な名古屋弁だと思うんですが、ご存じ?

尾張弁と名古屋弁、もちろん、岐阜弁も、ちょっとずつ違うねー。

その感じ、イイねー。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影を終えてコントレールさんへ…。(食べ歩き/扶桑町)

撮影を終えてコントレールさんへ…。(食べ歩き/扶桑町)
撮影を終えてコントレールさんへ…。(食べ歩き/扶桑町)
撮影を終えてコントレールさんへ…。(食べ歩き/扶桑町)
ケーキ屋さんと、「ぱれっと農園」さんに伺って、コラボ商品の打ち合わせ&撮影を。

この炎天下、ちょっとあぶないくらいの撮影でしたが、かろうじて完了。

コントレールさんへ避難!

駆け付け三杯、お水を頂いて、滅多にお願いしない“冷たい飲み物”を。

「ストロベリーヨーグルト」。

地元産の苺をコンポートと“カスピ海ヨーグルト”で、その場で作って下さるドリンク。

長いこと通わせて頂いておりますが、初めて頂きました。

発見。

でした。

最後の写真は苺じゃあなくて、ブラックベリーね!可愛かったから撮っちゃいました。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異常な暑さ、みんな大丈夫?

異常な暑さ、みんな大丈夫?
異常な暑さ、みんな大丈夫?
異常な暑さ、みんな大丈夫?
ヒドイ暑さですね!

ヒドイ暑さです。

名古屋地方気象台の公式発表は、35.6℃。

だけど、クルマの外部センサーの値は37.5℃。

気象台の温度計は余程環境の良いところに設置してあるに違い無い。

ホントに“熱中症”には気を付けなきゃ。

こんなんで、節電出来るのか、今年の夏が空恐ろしい!

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京煎堂さんの“まめあわせ”(お土産情報)

京煎堂さんの“まめあわせ”(お土産情報)
京煎堂さんの“まめあわせ”(お土産情報)
京煎堂さんの“まめあわせ”(お土産情報)
神戸の帰りに大津サービスエリアじゃあなくて、次の何だっけ?

まぁ、いいや大津の次サービスエリアで買いました。

「京煎堂」さんの“まめあわせ”。

落花生、黒豆、エンドウ豆、空豆の四種の豆を使った和洋折衷な煎餅。

祇園四条通りに本店がおありなんです。

“よーじやさん”のはす向かい。

京都かぁ…。

ワタクシは、江南だぁ。

だぁ。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味の素な今日のお弁当。

味の素な今日のお弁当。
味の素な今日のお弁当。
今日のお弁当。

なかなかゴーセイでしょう?

メインは何かな?

やっぱ、味の素さまの「エビ寄せフライ」でしょうか。

いやいや、やっぱ、味の素さまの「冷凍エビシュウマイ」でしょうか。

高校生一学年あたり120万人として、三学年で360万人。内、仮に30%のシェアが味の素さまにあると考えると、1日100万個以上の冷凍食品が消費されているのでしょう。

1週間で500万個。1ヶ月で2000万個。

1年で2億個ってこと。

きりがないので、これくらいにしますね〜。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治フルーツオ・レアイスバー(買い食い/扶桑町)

明治フルーツオ・レアイスバー(買い食い/扶桑町)
明治フルーツオ・レアイスバー(買い食い/扶桑町)
明治フルーツオ・レアイスバー(買い食い/扶桑町)
明治フルーツオ・レアイスバー(買い食い/扶桑町)
今日もお暑いですね。

ちょっとヤル気まで削がれる感じ…。

柏森の交差点の「サークルK」殿に立ち寄って水分補給&クールダウン。

明治フルーツオ・レアイスバーが目に入っちゃった。

ちっちゃい事だけど、オとレの間に「・(なかてん)」があるんだよ〜。(ホントにちっちゃい…)

つまりは、フルーツ牛乳のアイスバーだねぇ。

126円。

138キロカロリー。

37℃。

味は?

味はフルーツ牛乳だょ。

暑さでちょっとアタマやられてるので、変わったモノ買う傾向が強く出る。

ホントにかなわん!

作っているのは、明治乳業でも明治製菓でも無く、広島市に本社がある株式会社やまひろ様。

こういうの多いね!

イカン訳じゃ無いけど。

(トッピィ松本)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

センスがヨロシイ!「もへじ」殿の“からめる黒糖ピーナッツ”。(駄菓子情報)

センスがヨロシイ!「もへじ」殿の“からめる黒糖ピーナッツ”。(駄菓子情報)
センスがヨロシイ!「もへじ」殿の“からめる黒糖ピーナッツ”。(駄菓子情報)
センスがヨロシイ!「もへじ」殿の“からめる黒糖ピーナッツ”。(駄菓子情報)
株式会社もへじ殿が作っておられる「からめる黒糖ピーナッツ」をアピア江南西店の「カルディ」様で購入致しました。

「カルディ」様は、国産・舶来の別無く、色んな珍しい食材を集めた“マイナー食材編集系”のお店。

もちろん、珈琲豆の挽き売りなどもされておられるので、そちらがメインのおつもりかも知れません。

ただ、レギュラー珈琲を家庭で淹れられる様なお宅は、食全般に渡ってご興味がおありになる、って法則性をビジネスモデルに組み入れておられるのでしょう。

消費者の目線で論ずれば、“編集系”のお店なので、ある意味“玉石混淆”になりがちという事は否めないでしょうな。

そこらへんを「面白い!」と感じる余裕と感性がある方は、“アリ!”なお店ですね。

前置きが長かったですが、もへじの「からめる黒糖ピーナッツ」。

ピーナッツ、砂糖、黒糖、水飴というシンプルな素材。そして、それら素材本来の味で作っておられるのが好感!

「カリッカリッ!」という食感も計算され尽くしたモノ。

色々と他の食材を混ぜて色々とやりたいところを、削ぎ落として敢えてシンプルな方法をチョイスする―今の時代、お店や企業経営も“かくあるべし”と感じる逸品でした。

売り場で“キラッ”と輝いていますから、発見して下され。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モランボン×ホワイト餃子(家メシ)

モランボン×ホワイト餃子(家メシ)
モランボン×ホワイト餃子(家メシ)
モランボン×ホワイト餃子(家メシ)
今日は、一食かわす狙いで、「モランボン」様のチャプチェと「ホワイト餃子」様の水餃子という組み合わせ。

こないだは「水谷園」様のチャプチェを頂きましたが、今回は「モランボン」。

ユンソナちゃんがCMやっとる方ね!

甘ーい〜!!

何がって?

味がさ。

甘い、辛いの甘いね。

永谷園さんのは、辛いと言うよりは、ニュートラル。

辛くしたい方は、永谷園で作ってラー油フリフリだねぇ。

対してお子様がおられるご家庭はモランボンさんの方がイイね。

「ホワイト餃子」の水餃子は二個ほど、鍋の中で爆発。何かコツがいるようですな。

御馳走サマ。一食クリアー!

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

傘寿の祝を東洋自慢でin犬山ホテル(食べ歩き/犬山市)

傘寿の祝を東洋自慢でin犬山ホテル(食べ歩き/犬山市)
傘寿の祝を東洋自慢でin犬山ホテル(食べ歩き/犬山市)
傘寿の祝を東洋自慢でin犬山ホテル(食べ歩き/犬山市)
傘寿の祝を東洋自慢でin犬山ホテル(食べ歩き/犬山市)
傘寿の祝を東洋自慢でin犬山ホテル(食べ歩き/犬山市)
義父の傘寿(さんじゅ)の祝で犬山ホテルさんで宴席をもうけました。

傘寿は80歳の祝ってことだそうで。

あとちょっとで米寿だよね。

まずはおめでとうございます。

まずは乾杯ってことで同じ犬山は羽黒の地酒「東洋自慢」を頂きました。

傘寿も初めてだけど、実は「東洋自慢」さんも初めて。

地元の酒蔵だから、味わっておかなきゃ、なんてずっと思っとりましたので、念願叶って。

一言で言うと“フルーティ”。さほど甘い感じではありませんが、辛口では少なくともありません。

しかし、特徴的な香りで、忘れない感じ。

女性にもウケは良かったようで、こういう席にはうってつけかも知れませんね。

今日は、今季初の鮎、それから犬山で最近、売り出し中の“犬山夢とろろ”を使ったうどん等も頂きけました。

犬山ホテル殿、義父上殿、有り難うございました。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松原千恵子さんと35周年の焼きそばUFOを…。

松原千恵子さんと35周年の焼きそばUFOを…。
松原千恵子さんと35周年の焼きそばUFOを…。
松原千恵子さんと35周年の焼きそばUFOを…。
松原千恵子さんと35周年の焼きそばUFOを…。
今日のお昼。

日清焼きそばUFOの35周年記念フレーバーを頂きました。

“わさびマヨネーズ”フレーバー。

麺か変わってから、初めて頂きました。

“美味しくなった〜!”ってCMで言ってたのは、こういう事ね。

ふむふむ。はむはむ。

松原さんは、「ごきげんよう」にご出演のところを頂きました。

ふむふむ。はむはむ。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

綾瀬はるか様のオススメ(食べ歩き/江南市)

綾瀬はるか様のオススメ(食べ歩き/江南市)
綾瀬はるか様のオススメ(食べ歩き/江南市)
綾瀬はるか様のオススメ(食べ歩き/江南市)
日曜日の晩。

家で作りたく無い。

でも外食がもともと多い我が家、行くネタも切れ気味。

さてさて、困った〜。

ってんで、困った挙げ句に、カーネルサンダース様のお店に参りました。

江南店さんは、割りと最近、改装され、小綺麗。

若いカップルが一組、寝そべって語り合ってましたが、気にせず着座。

綾瀬はるか様オススメの“ボンレス”のお試しセットを軸にメニューを考えました。

“ボンレス”ってことは、ボーン(骨)がレス(無い)ってことネ!

どーしても“ボンレスハム”のイメージがあるので、ムッチリ、スモーキーな感じがして綾瀬さんのイメージとちゃうな〜

なんて。

勝手なモーソーですが。

もちろん、この後、「Jin (じん)」最終回を家で堪能させてもらった事は言うまでもない…。

今日は、綾瀬デー也。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もしかして、梅雨明けた?

もしかして、梅雨明けた?
サイコーに暑かったねー。

もしかして、梅雨明けた?

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無花果がキレイでしょ。(食べ歩き/扶桑町)

無花果がキレイでしょ。(食べ歩き/扶桑町)
無花果がキレイでしょ。(食べ歩き/扶桑町)
無花果がキレイでしょ。(食べ歩き/扶桑町)
扶桑町のギャラリー&カフェ「コントレール」さんにて。

「無花果のタルト」と「サンマルク」との組み合わせでケーキセットを頂きました。

柔らかいイメージと硬いイメージのメリハリな組み合わせ。

こういう組み合わせの妙も、食い意地が張ったワタクシにとっては魅力のひとつ。

こんなひと時を提供して下さる美子さんとスタッフの皆さんに感謝。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食欲を刺激する韓国の旅【2】

食欲を刺激する韓国の旅【2】
食欲を刺激する韓国の旅【2】
食欲を刺激する韓国の旅【2】
「食欲を刺激する韓国の旅」っていうデニーズさんのキャンペーンに乗っかって、サラダを頂きました。

キムチ、豆腐、アボカド、韓国海苔、白髪ネギ
。こんなとこかな。

あれっ、ドレッシングは?

えーっと、何だっけ?

おそらく、ポン酢かなんかだなぁ。(いい加減でスミマセン)

そんないい加減さでなんですが、家でさっそく、やってみた。

ネギは省略。韓国海苔も無いから“浜乙女”の味付け海苔を。

ポイントはドレッシングじゃあなくて、キムチと韓国海苔だから、味付け海苔で代用するなら、“胡麻油”をぶわぁーっと掛けるとイイね。

ぶわぁーっとネ!

好きなヒトはもっと、ぶわぁーっとネ!

冷蔵庫の中に日頃ある材料で気軽に“韓流気分”が味わえるっていうのがイイね。

デニさんの事情も、その辺りにあったりして???

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽じ庵さんの…。(食べ歩き/一宮市)

楽じ庵さんの…。(食べ歩き/一宮市)
楽じ庵さんの…。(食べ歩き/一宮市)
楽じ庵さんの“裏メニュー”鴨汁せいろ。

いわゆる温かい鴨なんばんじゃあない。

冷たい蕎麦に熱い鴨汁をつけて頂くのね。

旨い。

鴨の脂にこだわり過ぎて、蕎麦の写真、撮り忘れた。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多賀に…。

多賀に…。
多賀に…。
多賀に…。
多賀に…。
多賀のサービスエリア下りです。

我等がCoCo壱どのも出店されておられる。

こちらの地産地消メニューは「近江日野産鹿カレー」。

迷いましたが、今日のところは、頂きませんでした。

食べ過ぎなので。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多賀は…。

多賀は…。
多賀は…。
多賀は…。
多賀のサービスエリア下りです。

「よねや」さんのお弁当を必ず買うようにしてます。

炊きたておこわを三種類。

こちらのお惣菜は、どれも“薄味”でヨロシイ!

買うべし。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多賀で…。

多賀で…。
多賀で…。
多賀で…。
多賀のサービスエリア下りです。

近江牛のコロッケ、ついつい頂きました。

ついつい。

そうそう“魔力”のあるサービスエリアです。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多賀のサービスエリアの…。

多賀のサービスエリアの…。
多賀のサービスエリアの…。
多賀のサービスエリアの…。
多賀のサービスエリアの…。
多賀のサービスエリアです。

念のため“下り”側のサービスエリアです。

ネクスコ中日本の中でも別格の三つのサービスエリアの一つがこの“多賀”なのです。

餃子の王将“初の”サービスエリア店があるのもこちら。

関西方面に向かう時は休憩はもちろん、必ず買い物もさせて頂いております、ワタクシ。

スタバ様の新作があったのでご報告迄。

ビターで、トッピングのナッツが香ばしく、良かったよ〜。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枝豆の謎。

隣の家から茹でた枝豆を頂きました。

有り難う。

ちょっと塩が弱い。

でもそれだけじゃあない。

鞘の両端が切り落とされている!

初めて見ました。(※写真参照)

発見したことは、二つ。

一、豆を出しやすい。(両端から自然に出る感じ)

一、何か、豆のエキスが一旦外に出て、それから又、豆に染み込むようで、安定した“優しい味”になる(感じがする)。だから、塩が弱くても美味しい(か?)。

二つ目のは、推論なので、ホントかどうかはわかりません。

何かプロの技なのか?それともお婆ちゃんの知恵?

どなたかご存じですか?

(一度、お試しを)

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食欲を刺激する韓国の旅

食欲を刺激する韓国の旅
食欲を刺激する韓国の旅
食欲を刺激する韓国の旅
食欲を刺激する韓国の旅
“食欲を刺激する韓国の旅”に行って来ましたー!!

と言っても、いつものデニーズさんのキャンペーンタイトル。

けっして韓国旅行に行って来たっつー訳ではありませんので、悪しからず。

“韓流”も第二次ブームって感じですものね。利用しない手は無い!

でも面白いことがあったのでデニさんには悪いけどネタにしますね〜。(デニ、ごめん!)

ワタクシ、「牛焼肉とキムチのビビン麺」を頂いたんです。

が、食べても食べても、ウシが居ない!

食べても食べても…。

そして、食べても食べても…。

メニューを見間違えたと思って、確認したけど“牛焼肉と…”って書いてある。

最近ダイエットをサボってるワタクシの事を、このブログを店長さんが読んでてくれて、特別な配慮のもと…!?

なわきゃ無いか…。

という事で目が合った店長さんをお呼びして“小声で”優しく指摘。(ここの店長さんイイ感じの人なんだわ)

それで一番最後の“肉入り”の写真が、めでたく撮れました〜!

ちょっと盛りが良いのは、正に店長さんの配慮でしょうか。

ちょっと得した“韓国の旅”でした。

(トッピィ松本)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ナゴヤドーム前にてサントリー「蜜梅」。

ナゴヤドーム前にてサントリー「蜜梅」。
ナゴヤドーム前にてサントリー「蜜梅」。
ナゴヤドーム前にてサントリー「蜜梅」。
所用があって名古屋市東区へ。

一仕事終わって、ほっとしました。

ナゴヤドーム近くのピアゴさまに入ってお水を買おうかな…。

と、サントリーの「蜜梅(みつうめ)」を発見。

“とろーり微炭酸”のコピーライティングと、秀逸なパッケージデザインに惹かれて買わせて頂きました。

言うほど“とろーり”ではありませんでしたが、まぁ、不味くないし、許しましょう!

失礼ながら、とてもレギュラー商品になるとは思えませんが、コピーライティングとデザインという“知的創造”によって購入に結び付いた、よいケースでしょう。

品質がヒドいと「騙された!」って事になりましょうが、この位のオッケーが“ほどほど”で、逆に商売上手という事になるんでしょうね。

さすが大企業さん、いい人材と人脈をお持ちですな。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デパ地下食欲爆裂【4】

デパ地下食欲爆裂【4】
デパ地下食欲爆裂【4】
デパ地下食欲爆裂【4】
デパ地下食欲爆裂【4】
デパ地下食欲爆裂【4】
三越の地下1にて。

最後に〆で「ジョアン」様に寄りました。

某メーテレの美人アナウンサー様が変装してご来店されておられました。

ちょっと親近感。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デパ地下食欲爆裂【3】

デパ地下食欲爆裂【3】
三越の地下1にて。

嗅覚と、食欲の赴くママに色んな行列に並んで買いも買ったり、全9品!

いつもだと、お弁当に何かプラスαって、感じなのだけれど…。

一応、並べて写真撮ってみましたが、一点一点、評価するつもりも無いし、さほど褒められた行為でもないので、割愛致しますね。

一言、一つもヒットは無かったスねー。

やはり、欲を暴走させると、冷静な判断を誤るという、良い例かも知れません。

あーあ、お弁当にしときゃ良かった〜。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デパ地下食欲爆裂【2】

デパ地下食欲爆裂【2】
デパ地下食欲爆裂【2】
デパ地下食欲爆裂【2】
デパ地下食欲爆裂【2】
今日は、所用があって三越へ。

後は嗅覚と、食欲の赴くママ。

キハチさんの後にその嗅覚がクンクン来たのが、きんつば!

浅草満願堂の期間限定、実演販売だわよ〜!

並べ!並べ〜!

はい、次。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デパ地下食欲爆裂【1】

デパ地下食欲爆裂【1】
デパ地下食欲爆裂【1】
三越での所用が済み、地下1階で休憩タイム。

「キハチ」のアイスクリームを頂く。

白桃とヨーグルトのアイスクリーム。

これがこの季節のイチオシのよう。

何故だか、デパートで買い物すると、疲れるし、喉が渇くよねぇ。

「キハチ」さんも、三越デパ地下の中では、あんまし良い場所では無いものの、いつも確実にお客様を引き寄せていますし…。

こんど生まれたら、アイスクリーム屋さんをやるぞ〜!

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アフタヌーンティールームのランチ(食べ歩き/中区)

アフタヌーンティールームのランチ(食べ歩き/中区)
アフタヌーンティールームのランチ(食べ歩き/中区)
アフタヌーンティールームのランチ(食べ歩き/中区)
めちゃめちゃ久しぶりに三越さまにやって来た。

所用にて。

ちょうど昼ってことで「アフタヌーンティールーム」にてランチ。

シュリンプの“サラダサンド”ってヤツを頂きました。

いつの頃か、こういうサラダボールみたいな器に野菜と若干のパンを入れた料理を“サラダサンド”っていう事になっておりますが、いつからでしょう?

20年前くらいのフジテレビ「料理の鉄人」で、初めて聞いた様な気がするんですが、いかがでしょう?

しかし、あの番組は、色んな料理のジャンルやバリエーションを教えてくれてましたな。

“カルパッチョ”なんかも、あの番組が最初だねぇ。

オリーブオイルあんなに掛けたら、油っぽいに…なんて、思っとりましたが、今では割りとフツーにランチとかに出ますな。

バルサミコ(酢)とかもねー。

ローズマリー、バジル、オレガノなんかのハーブ類も既にずいぶんと家庭に入り込んでますよね。

こう見ると、イタリアンはこの20年で、随分と浸透したな。

日本人、スパゲティとかビザとか、「料理の鉄人」のもっと前から好きやしな。

家庭料理に於けるフレンチ、中華、和食はまだまだ進化の余地がありそうですな。

そして、ロシア料理は来世紀になりそうですな。

(トッピィ松本)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

焼きそばはコーミソースで!(家メシ)

焼きそばはコーミソースで!(家メシ)
焼きそばはコーミソースで!(家メシ)
焼きそばはコーミソースで!(家メシ)
焼きそばって、作る?

もちろん、作るよね?

具は何?

ウチは、キャベツにブーか、シャウエッセンか、竹輪。

塩、胡椒に、干えび、切りイカ。

この後、隠し味で醤油少々、仕上げにコーミソースをたっぷり!

強火でジュージューやる。

それが今日に限って、コーミソースが必要量の半分くらいしか無い!

キャー。

でも隣に借りに行く余裕は無い!

まぁ、開き直って頂きます〜。

最後の最後に、鰹節をパラパラ…。

何か、いつもより、さっぱりしとって、美味しいがね。(驚!)

こういう“失敗”があると、物事は進歩するのかも知れんねー。

ヨーグルトやワインも、こういう失敗から出来たんやに。

ゼッタイ。

怪我の功名が辻。

おっ、お館さまーーー!!!

なんのこっちゃ。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“小牧の”コルティーレ様。(食べ歩き/小牧市)

“小牧の”コルティーレ様。(食べ歩き/小牧市)
“小牧の”コルティーレ様。(食べ歩き/小牧市)
“小牧の”コルティーレ様。(食べ歩き/小牧市)
パスタの有名なお店は数あれど、食材へのこだわりもある、ってお店はどうなんでしょうね?

その点〝小牧の〟コルティーレさんは、お客様への安心、安全に気遣うお店とお見受けします。

今日は3人で3種のパスタを頂きました。

こういうときは、誰が何を注文するか、暗黙の駆け引きが行なわれるのです。

ムスコ氏は、当然、肉&脂系を暗に所望。

ワタクシは職業柄〝チャレンジ系〟を。

相方は、消去法的なチョイス、もしくはオーソドックスなチョイスを。(さすが、気配りのヒト)

行儀は悪いのですが〝取っ替え引っ替え〟頂戴致します。

お店の方や、他のお客様に悟られぬ様、サッ、サッサみたいに。

舌よりも、そっちのテクニックがだいぶん磨かれました。

もちろん、フレンチさんや畏まった席に於いては、いたしません。

断じて。

本当に。

いや、時々は。

いえ、たまのこと…。

品良く頂くのは、当家は中々難しいように思います。

それにしても小牧のコルティーレさん、ご夫婦の笑顔が素晴らしいお店です。

お味もですが、心根の部分に感謝申し上げます。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルシン、マルシン、ハンバーグ♪

マルシン、マルシン、ハンバーグ♪
実はワタクシ、告白しますが、ハンバーグの中で一番好きなのが、マルシンハンバーグ様なんです。

藤山寛美御園座公演のチケットが当たるからじゃあないよ〜。(古いネタ)

お弁当のおかずの“キング”じゃあないでしょうか?

お弁当ばかりで無く、晩ごはんでも食べたいし、ツマミが無ければ、マルシンがあればイイ。

そうそう、いっときはキャンプに良く持って行ってました。

万が一、メイン料理が失敗したりした時や、そうでなくてもモーニングに合うんだなぁ、これが。

そういう時代に生まれたからか…?

否、ウチのムスコ氏も同じ事を言う…だから、時代の問題って訳では無い。

ならばDNAの問題か?

マルシンハンバーグを嗜好する遺伝子があるのか?

謎は深まるばかりだ。

ところで、マルシンハンバーグって、全国区なの?

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江南の“あの”かき揚げを頂きに…。(食べ歩き/江南市)

江南の“あの”かき揚げを頂きに…。(食べ歩き/江南市)
江南の“あの”かき揚げ。

そうそう、いちご屋さんのかき揚げの事ね。

連れは“大盛り”ワタクシは“小盛り”ってことでお願いしましたが、どうして、小盛りでもこのボリューム!

気前の良さに感服いたしまして候。

24日金曜日発行のトッピィに情報が載りますので、お見逃し無きよう。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸亀製麺どのの新作かき揚げ(食べ歩き/江南市)

丸亀製麺どのの新作かき揚げ(食べ歩き/江南市)
丸亀製麺どのの新作かき揚げ(食べ歩き/江南市)
久しぶりに丸亀製麺どのに伺った。

晩ごはんが無かったンだよ〜。

毎回、行くと、何かしら変化があるんだけど、今回は“ちく天のかき揚げ”だった!

一応、職業柄、新作は頂くポリシー。

ちく天の細切れと、玉ねぎのかき揚げってことだったわ!

悪くない。

けっして悪くない。

断じて悪くない。

だが、ちく天は、ちく天のママが一番旨い!

身を持って体験。お役目ご苦労。

イイエどういたしまして!

*丸亀製麺の社長さんへ(もし、読んでおられるようなら)、汁は、だいぶん“ぬるい”と思います。

一度、確認された方が良い様に思います。

老婆心乍御注進迄。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歩荷(ぼっか)の鷹の爪で…。(家メシ)

歩荷(ぼっか)の鷹の爪で…。(家メシ)
歩荷(ぼっか)の鷹の爪で…。(家メシ)
歩荷(ぼっか)の鷹の爪で…。(家メシ)
祖父江町の平飼い健康卵農家「歩荷(ぼっか)」さんから届いた“鷹の爪”を使って、今日は、ボンゴレロッソを作ったよ。

この鷹の爪は化学肥料、除草剤、農薬を一切使わない自家製のモノ。

赤さも素晴らしい!

が、辛さも一際素晴らしい!

無農薬をいい事に、イイ気になって丸ごと食べたバチが当たったわ。

安田クン、ごっそーさん。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の夕焼けショー&お弁当

今日の夕焼けショー&お弁当
今日の夕焼けショー&お弁当
今日の夕焼けショー&お弁当
今日の夕焼けは、素晴らしかった!

ホントに。

どっかのリゾートみたいな。

JR名古屋高島屋の地下で買った“いとはん”のお弁当はまあまあだった!

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひつまぶしの「蓬ぜん」さん、開店に駆け付けました。(食べ歩き/犬山市)

ひつまぶしの「蓬ぜん」さん、開店に駆け付けました。(食べ歩き/犬山市)
ひつまぶしの「蓬ぜん」さん、開店に駆け付けました。(食べ歩き/犬山市)
ひつまぶしの「蓬ぜん」さん、開店に駆け付けました。(食べ歩き/犬山市)
ひつまぶしの「蓬ぜん」さん、開店に駆け付けました。(食べ歩き/犬山市)
ひつまぶしの「蓬ぜん」さん、開店に駆け付けました。(食べ歩き/犬山市)
犬山の上坂町に、ひつまぶしの店「蓬ぜん」さんが開店されました。(中央道を一本北に入り、上坂公園の東の端に面したところ)

おめでとうございます。

大変な時期の船出ですが、地元のお店、応援したいと思います。

このところ、犬山〜中央道辺りに新店舗がチラホラ出来始めましたね。

この時期、皆さん、どんな思いでおられるのでしょうか。

でも、勇気に励まされますよね。

さてさて、こちらは“あの”熱田の「蓬莱軒」さんで20年間、修行を積まれたというご主人が、お墨付きをもらって開店された由。

だから“蓬”の一字を冠しておられるのでしょう。

ひつまぶしの名店故に、「蓬莱軒出身」という触れ込みのお店は、まま聞くお話ですが、こちらは正真正銘の修行店さんでいらっしゃるようです。

正統な感じが写真から伝わって来ますでしょう?

まぶしは、包丁を細かく入れて提供されるので、鰻の厚みが“ヤセる”傾向があるのですが、こちらはのは、それでもこの厚み。

イイものを使っておられるようです。

20年前の「蓬莱軒」さんっていうと、まだ熱田神宮の中のお店があった時代ですよね?

由緒正しき“神宮”の敷地内にお店が出せたというのは、余程の事でしょうね。

とっても趣のある奥座敷が当時は在りまして、社用で良く伺っておりました。

懐かしい“豊かな”時代の事です。

実はワタクシ、まぶしが嫌いな訳ではありませんが、かなりの強硬な“丼派”なのです。

丼の率直さが好きなんですわ。

でも今日は、“蓬”の一字に敬意を表して、十年位振りに、まぶしを頂戴致しました。

有り難うございました。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイートオブオレゴンさんの新作チーズケーキ

スイートオブオレゴンさんの新作チーズケーキ
スイートオブオレゴンさんの新作チーズケーキ
スイートオブオレゴンさんの新作チーズケーキ
家人が「スイートオブオレゴン」さんの新作チーズケーキを買って来ました。

“幸福の口どけ”プティートチーズケーキ。

ちっちゃいケーキの上がレアチーズ、下がベークドっていうコンセプト。

六つ入りでウチなら二日間楽しめる。

プチな幸せを噛みしめよう。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホワイト餃子、家で焼いてみた【2】

ホワイト餃子、家で焼いてみた【2】
ホワイト餃子、家で焼いてみた【2】
ホワイト餃子、家で焼いてみた【2】
ホワイト餃子、家で焼いてみた【2】
ホワイト餃子、家で焼いてみた【2】
ホワイト餃子を家で焼いてみた…の続きね。

油を注いだ後、グツグツ煮たってるところからスタート。

最後に油を捨てて完成しました。

店で焼いてもらうのと、だいたい一緒だ。

ちょみりんと感動…。

油もさほど跳ねなかったし、上々。

って事で何故だか「金麦」。

あっ、言ったっけ?「ホワイト餃子」は皮が厚いンだよ〜。

中から肉汁が、トプトプ溢れて来て…とかそんな事も特に無いし、味も平凡かなぁ…。

でも何か懐かしい趣がアリアリ!

そこらへんが美味なり。特別な材料とか、技量だとか、限定だとかを感じ無いところが、好感持てるな。(ホントはあるかもな)

特別なモンばっかだったら、特別なモンだらけになっちゃって、何が特別なモンが分からんくなってまうに。

なぁー。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホワイト餃子、家で焼いてみた【1】

ホワイト餃子、家で焼いてみた【1】
ホワイト餃子、家で焼いてみた【1】
ホワイト餃子、家で焼いてみた【1】
ホワイト餃子、家で焼いてみた【1】
ホワイト餃子、家で焼いてみた【1】
先般、岐阜の千手堂にて買い求めた“ホワイト餃子”を家で初めて焼く事に致しました。

何か、初めての事で、改まった表現になっちゃった。

そうそう、「ホワイト餃子」って、全国組織なんだよねっ。

だいたい、皆さん知ってんのかなぁー?

この辺りでは岐阜だけなんだよなぁー、関東に多いようですね。

昔、みのさんの番組で、そうそう、冴えないお店を立ち直らせる番組。その中で「ホワイト餃子」の加盟店になるってことで、立ち直るところをやっておりました。

何か、随分と変わった本部さんだった記憶がありますが。

精神をブチ込まれる感じの修行!

マックやコンビニみたいな今時のチェーン店じゃあない感じ。

お持ち帰りは、冷凍なんだよ。

一袋はちょうど普通のフライパンに並ぶ量。

大食いの当家三人にはちょうどいい。

焼き方は“包装紙”にしっかり過ぎる程にちゃんと書いてありますので、ここではいちいち書きませんが、凍った餃子に熱湯を注ぎ、その後、湯が減ったら、油を注ぎ、最後に、油を捨てて完成。

―という流れ。

写真は油を注いでるところらまで。

つづく…。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェリー日米対決!

チェリー日米対決!
何故だか冷蔵庫の中にアメリカンのさくらんぼと、ジャパニーズのチェリーがあったのさ。

食べ比べ、食べ比べ…。

今日は、日本のチェリーに軍配。

またのお楽しみ。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビストロ「SOUSOU(ソウソウ)」君がお出迎え〜(食べ歩き/犬山市)

ビストロ「SOUSOU(ソウソウ)」君がお出迎え〜(食べ歩き/犬山市)
ビストロ「SOUSOU(ソウソウ)」君がお出迎え〜(食べ歩き/犬山市)
ビストロ「SOUSOU(ソウソウ)」君がお出迎え〜(食べ歩き/犬山市)
ビストロ「SOUSOU(ソウソウ)」君がお出迎え〜(食べ歩き/犬山市)
ビストロ「SOUSOU(ソウソウ)」君がお出迎え〜(食べ歩き/犬山市)
世間に“看板娘”は数在れど、“看板息子”が居るってのは、少ないハズ…。

それも飛びきりカワイイ看板息子。

犬山のイトーヨーカドーの一階にあるビストロ「ソウソウ」さんに行ってきた。

こちらフレンチ的なビストロで、ワインが気軽なお値段で頂けるお店。

名物オーナーは、いわゆる“偉い”方のソムリエさん。

オーダーのコツを伝授。食べられ無いものが無い方なら、“お任せ”にした方が良いでしょう。決して損はしないハズ。

こちらの名物のもう一つが“看板息子”のソウソウ君。

皆のマスコット的な存在。

とっても動きが早いので、いつも“ピンぼけ”になる。

彼の成長を見るのも、こちらのファンのもう一つの楽しみでもある。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「歩荷(ぼっか)」の健康卵×「しいたけブラザーズ」の原木椎茸で…。

「歩荷(ぼっか)」の健康卵×「しいたけブラザーズ」の原木椎茸で…。
「歩荷(ぼっか)」の健康卵×「しいたけブラザーズ」の原木椎茸で…。
「歩荷(ぼっか)」の健康卵×「しいたけブラザーズ」の原木椎茸で…。
「歩荷(ぼっか)」の健康卵×「しいたけブラザーズ」の原木椎茸で…。
このほど同級生の安田クンが、やってると判明してしまった祖父江の養鶏所「歩荷(ぼっか)」殿の健康な自然卵。そして、あのイケメン軍団「しいたけブラザーズ」殿の原木椎茸が手に入ったので、さて何しよう…。

組み合わせると単なるオムレツになりそうだったので、それぞれ“カルボナーラ”と“焼き椎茸”という事になりました。

やはり「歩荷」の平飼い自然卵は、すっきりした嫌味の無いお味。主張は強くない。ある意味、“主張しないという主張”とでも言うか、禅の境地的な感性か。

対して「ブラザーズ」の椎茸は相変わらず“肉厚”だわ。肉を食む様な食感が特徴的ですな。シンプルに“岩塩”のみで頂きました。

食材にはそれぞれ、色んな個性がある。そして、作ったヒトもまた然り。ヒトも自然界の一部なり“生物多様性”が存在する。

あー、それにしても恵まれたこっちゃ。まんぷくマンプク〜。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝は「歩荷(ぼっか)」の平飼い自然卵でオムレット。

今朝は「歩荷(ぼっか)」の平飼い自然卵でオムレット。
今朝は「歩荷(ぼっか)」の平飼い自然卵でオムレット。
今朝は「歩荷(ぼっか)」の平飼い自然卵でオムレット。
今朝は「歩荷(ぼっか)」の平飼い自然卵でオムレット。
祖父江の平飼い自然卵農場「歩荷(ぼっか)」の“ヘビーローテーション”で、ご容赦〜。

今朝はシンプルにオムレツねー。

シンプルな風味の卵には、シンプルを以て。

オリーブオイルと仕上げにバター一欠けのみのシンプルなオムレツ。

こういう食べ方が、よろしいかと。

いつもの癖で、ついつい味を、足して、足して、足して…って、やっちゃってますが、なるべく引いて、引いて…って、ねっ。

素材そのものを楽しむって感じかな。

そういう時代かもです。

もちろん、買いに行けますし、宅配もあります。

そういう時代です。

祖父江の平飼い自然卵
「歩荷(ぼっか)」
●住所/愛知県稲沢市祖父江町山崎上屋敷375-3
●定休日/無し(※確か)
●営業時間/朝から夕方(※要確認)
●電話/0587-97-7677

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「歩荷(ぼっか)」の卵で早速、卵ごはん(生産者情報/稲沢市)

「歩荷(ぼっか)」の卵で早速、卵ごはん(生産者情報/稲沢市)
「歩荷(ぼっか)」の卵で早速、卵ごはん(生産者情報/稲沢市)
「歩荷(ぼっか)」の卵で早速、卵ごはん(生産者情報/稲沢市)
「歩荷(ぼっか)」の卵で早速、卵ごはん(生産者情報/稲沢市)
稲沢市祖父江町といってもピンと来ないですが、昔の中島郡祖父江町。今は合併で稲沢市になっています。

祖父江っていうと、随分と西の方のイメージがありますが、なんのことは無い一宮駅から10分少々のところ、卵を出荷している養鶏農家「歩荷(ぼっか)」さん。

この養鶏農家さん、どうやら中高の時の同級生がやっている!?

そんな情報を聞きつけ、当時親しかった友人同行で見学&再会に行って参りました。

何と、約20年ぶり。

この20年間、相当な紆余曲折を経て、こだわりの養鶏農家の道を奥さんと約9年前からスタートさせたとか。

こだわりの部分は、是非ホームページでじっくり見て頂きたいのですが、簡単に説明させてもらいますと、いわゆる“平飼い”というスタイル。

つまりは、放し飼い。

鶏舎は、よくあるトタンで塞がれた建物では無く、屋根以外は鶏網で囲われた程度の解放感。

太陽も風も十分にある環境の中で、自由に歩き回りながら、のびのび育っているのを目の当たりしました。

実は学生時代、アルバイトで鶏舎に設置する“自動給餌機”(つまり餌を配るロボット)のPRビデオの全国ロケをしたことがあるのだけれども、鶏舎内は極めての劣悪な環境は見るに耐えない状況でした。(しばらくは卵を受け付け無いくらい…)

何しろイヤな“匂い”がほとんどしない。鶏の糞は地面のバクテリア等が分解する…つまり雑菌や非常に少なく不潔では無いということ。

そんな中で暮らしているからストレスも少なく、ほとんど病気になることが無いとのこと。だから、抗生物質等の薬物投与も一切無し。

餌も配合飼料では無く、完全自家配合。つまり安全な餌のみを独自にブレンドして与えているのだとか。

彼によると、ここまでこだわった育て方を行っているのは、全国でも10軒未満なのだとか。

1ヶ月も持つという事で、たくさん買い込んで来ました。

そして、早速、卵ごはんにて!(比較の為に他の養鶏所の卵も食べ比べて)

いい卵は“濃厚な味わい”というイメージがありましたが、まったくの逆!

余りもの“あっさりさ”に拍子抜けするくらい…。

「これが本来の味わいなんだねー」と、暫し感嘆。

“すっきりキレイな味”そんな卵でした。

しばらくは卵料理が登場する機会が多そうですが、お付き合い下され。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お弁当は愛のパワーだ。

お弁当は愛のパワーだ。
お弁当は愛のパワーだ。
ムスコ氏が毎日学校に行くことになっちゃって、我が家の食のあり方が急に変わった。

つまりは、弁当を毎日持って行くという事。

しばらくは「お弁当づくり、ホントにご苦労さま…」なんて、気づかってました。

ところが、1ヶ月もその有り様を眺めていると、「今日のは、美味しそうやね」とか「うらやましいなぁー」とか、心にヨコシマな気持ちが浮かんで来てしまった。

「ついでに、もう一個作って欲しーなぁー」って…。

それで、週の内、ニ三日はムスコ氏に“便乗”したお弁当にありつける事になりました。

二十代、若気の至りで、会社を辞め、独立した頃、軽自動車に乗って、毎日営業に出掛けた先で味わった“アノ味”が蘇って来ます。

目の前で作ってもらう食事は、それはそれで愛のパワーに溢れているけど、お弁当は、また一段とパワーが増している感じがしませんか?

ちょっと時間を置くと、愛のパワーが“熟成”するのかも…。

誰かが、誰かのことを想って作る食は、どんな高級な店や食材、技に勝るなぁーなんて、当たり前のことなんだけれど、改めて“知り”ました。

有り難うございます。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大西さんとこの苺を使った、いちご大福(お裾分け情報)

大西さんとこの苺を使った、いちご大福(お裾分け情報)
大西さんとこの苺を使った、いちご大福(お裾分け情報)
とある場所で、お裾分けを頂きました。

いちご大福。

それも扶桑町の「大西農園」さんとこの苺を使った、いちご大福。

お店のいちご大福じゃあなくて、ご家庭で作られたモノ。

皮の部分も、高山から取り寄せられた“餅粉”だそう。

完熟した苺を包むから、香りが全部封じ込められてて、噛んだときに、お口の中に“フワーッ”と薔薇の様な香りが広がる。

うーん、コレ、コレ。

これが完熟の良さだねぇ。

お店さんには中々マネ出来ない芸当。(日保ちさせられ無いので)

こういうモノは、素人と侮れない事がありますな。

苺も、今季は後10日ぐらいだそう。

半年間、ホントにお疲れ様です。苺さま。

(トッピィ松本)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

めばる!(家メシ)

めばる!(家メシ)
今日の晩は、めばる!

そして青菜の炒めもの、納豆、ご飯少々。

家族揃って晩を食す幸せを味わう。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ばりばり軒」殿は朝3時迄やっておられる。(食べ歩き/一宮市)

「ばりばり軒」殿は朝3時迄やっておられる。(食べ歩き/一宮市)
「ばりばり軒」殿は朝3時迄やっておられる。(食べ歩き/一宮市)
「ばりばり軒」殿は朝3時迄やっておられる。(食べ歩き/一宮市)
昔の“名鉄丸栄”の南北の通りを南下して、裁判所を左に見ながら、右にヤナセ一宮支店。そのヤナセのほぼ南隣が、豚骨ラーメン屋さん「ばりばり軒」様。

“名鉄丸栄”知ってるかな〜。一宮にも昭和の30年代からデパートがあったンだよ〜。

お祖母ちゃんのキャロル(MAZDAの)に乗って、キレイなグリーンのセーターを買ってもらったっけ…。

買い物は一宮なら“名鉄丸栄”。名古屋なら“オリエンタル中村”と、相場が決まっとるがね。(※当時)

やっぱし一宮は都会やわ。わしら古知野の田舎モンには、かなわねぇワ。

…そんなヒガミを今日も言ってしまう位、同じ尾張でも“地域格差”を感じたりする。

一宮に“関西”を感じたり、“大陸”を感じたりするのは、ワタクシだけでしょうか?

それはさておき豚骨、時々食べたくなるね〜!

でも、本格派の豚骨は少なくなって来てます…。

「ばりばり」さんは希少な本格派です。ごちゃごちゃアレンジメントしてないので、おそらく。

朝の3時迄やっておられます。

うーん、やっぱ、ばりばりな一宮。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

華麗なる晩御飯…。

華麗なる晩御飯…。
今日の晩ごはんだよん!

《メンバー紹介》

◎カレイの煮付け

◎スナックえんどうの卵とじ

◎大根と豆腐の味噌汁

◎白米&明太子

なかなかの日本の晩ごはん、天晴れ!

以上

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »