食材・産地&生産者さん

オーガニックのプラム、天からのお裾分け。

オーガニックのプラム、天からのお裾分け。
オーガニックのプラム、天からのお裾分け。
扶桑〜江南に農場を展開中の「ぱれっと農園」さんの“オーガニックプラム”が届いた!

アリガトウ!

オーガニックだから、皮ごと「ガブリッ!」。

甘い果汁がほとばしりますな〜!

んまい!

完熟だからだと思うんですが、ほんに甘い。プラムって、もっと酸っぱい印象でしたが、ちょっと改めました。

(もちろん、ちゃんと酸味もあるけどね…)

天からのお裾分けをアリガトウ!

「ぱれっと農園」さんでは、有機肥料で育った野菜を中心に宅配して下さるシステムがあるのです。

詳しくは「ぱれっと農園」のホームページまで。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同級生が育てた犬山の桃、食べた。

同級生が育てた犬山の桃、食べた。
同級生が育てた犬山の桃、食べた。
同級生が育てた犬山の桃、食べた。
同級生が育てた犬山の桃、食べた。
犬山に住む同級生、宮田さんが育てた桃。

“日川白鳳”という品種だそう。

今年初めての桃。

台所でスタンディングでかぶり付きました。

嬉しーねー。

まぁ、香りの強いこと。

何個でも頂けますな!

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同級生が育てた犬山の桃。

同級生が育てた犬山の桃。
同級生が育てた犬山の桃。
今朝もがれた桃・イン・冷蔵庫。

犬山に住む同級生、宮田さんが育てた桃。

この方とも10年間、同じ学校に通った仲。

桃は“日川白鳳”という品質だそう。

木の上の方の美味しいところを、もらって来ました。

今日のところは、冷蔵庫の中に眠らせてあります。

明日のお楽しみ、お楽しみ。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェリー日米対決!

チェリー日米対決!
何故だか冷蔵庫の中にアメリカンのさくらんぼと、ジャパニーズのチェリーがあったのさ。

食べ比べ、食べ比べ…。

今日は、日本のチェリーに軍配。

またのお楽しみ。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「歩荷(ぼっか)」の健康卵×「しいたけブラザーズ」の原木椎茸で…。

「歩荷(ぼっか)」の健康卵×「しいたけブラザーズ」の原木椎茸で…。
「歩荷(ぼっか)」の健康卵×「しいたけブラザーズ」の原木椎茸で…。
「歩荷(ぼっか)」の健康卵×「しいたけブラザーズ」の原木椎茸で…。
「歩荷(ぼっか)」の健康卵×「しいたけブラザーズ」の原木椎茸で…。
このほど同級生の安田クンが、やってると判明してしまった祖父江の養鶏所「歩荷(ぼっか)」殿の健康な自然卵。そして、あのイケメン軍団「しいたけブラザーズ」殿の原木椎茸が手に入ったので、さて何しよう…。

組み合わせると単なるオムレツになりそうだったので、それぞれ“カルボナーラ”と“焼き椎茸”という事になりました。

やはり「歩荷」の平飼い自然卵は、すっきりした嫌味の無いお味。主張は強くない。ある意味、“主張しないという主張”とでも言うか、禅の境地的な感性か。

対して「ブラザーズ」の椎茸は相変わらず“肉厚”だわ。肉を食む様な食感が特徴的ですな。シンプルに“岩塩”のみで頂きました。

食材にはそれぞれ、色んな個性がある。そして、作ったヒトもまた然り。ヒトも自然界の一部なり“生物多様性”が存在する。

あー、それにしても恵まれたこっちゃ。まんぷくマンプク〜。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝は「歩荷(ぼっか)」の平飼い自然卵でオムレット。

今朝は「歩荷(ぼっか)」の平飼い自然卵でオムレット。
今朝は「歩荷(ぼっか)」の平飼い自然卵でオムレット。
今朝は「歩荷(ぼっか)」の平飼い自然卵でオムレット。
今朝は「歩荷(ぼっか)」の平飼い自然卵でオムレット。
祖父江の平飼い自然卵農場「歩荷(ぼっか)」の“ヘビーローテーション”で、ご容赦〜。

今朝はシンプルにオムレツねー。

シンプルな風味の卵には、シンプルを以て。

オリーブオイルと仕上げにバター一欠けのみのシンプルなオムレツ。

こういう食べ方が、よろしいかと。

いつもの癖で、ついつい味を、足して、足して、足して…って、やっちゃってますが、なるべく引いて、引いて…って、ねっ。

素材そのものを楽しむって感じかな。

そういう時代かもです。

もちろん、買いに行けますし、宅配もあります。

そういう時代です。

祖父江の平飼い自然卵
「歩荷(ぼっか)」
●住所/愛知県稲沢市祖父江町山崎上屋敷375-3
●定休日/無し(※確か)
●営業時間/朝から夕方(※要確認)
●電話/0587-97-7677

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「歩荷(ぼっか)」の卵で早速、卵ごはん(生産者情報/稲沢市)

「歩荷(ぼっか)」の卵で早速、卵ごはん(生産者情報/稲沢市)
「歩荷(ぼっか)」の卵で早速、卵ごはん(生産者情報/稲沢市)
「歩荷(ぼっか)」の卵で早速、卵ごはん(生産者情報/稲沢市)
「歩荷(ぼっか)」の卵で早速、卵ごはん(生産者情報/稲沢市)
稲沢市祖父江町といってもピンと来ないですが、昔の中島郡祖父江町。今は合併で稲沢市になっています。

祖父江っていうと、随分と西の方のイメージがありますが、なんのことは無い一宮駅から10分少々のところ、卵を出荷している養鶏農家「歩荷(ぼっか)」さん。

この養鶏農家さん、どうやら中高の時の同級生がやっている!?

そんな情報を聞きつけ、当時親しかった友人同行で見学&再会に行って参りました。

何と、約20年ぶり。

この20年間、相当な紆余曲折を経て、こだわりの養鶏農家の道を奥さんと約9年前からスタートさせたとか。

こだわりの部分は、是非ホームページでじっくり見て頂きたいのですが、簡単に説明させてもらいますと、いわゆる“平飼い”というスタイル。

つまりは、放し飼い。

鶏舎は、よくあるトタンで塞がれた建物では無く、屋根以外は鶏網で囲われた程度の解放感。

太陽も風も十分にある環境の中で、自由に歩き回りながら、のびのび育っているのを目の当たりしました。

実は学生時代、アルバイトで鶏舎に設置する“自動給餌機”(つまり餌を配るロボット)のPRビデオの全国ロケをしたことがあるのだけれども、鶏舎内は極めての劣悪な環境は見るに耐えない状況でした。(しばらくは卵を受け付け無いくらい…)

何しろイヤな“匂い”がほとんどしない。鶏の糞は地面のバクテリア等が分解する…つまり雑菌や非常に少なく不潔では無いということ。

そんな中で暮らしているからストレスも少なく、ほとんど病気になることが無いとのこと。だから、抗生物質等の薬物投与も一切無し。

餌も配合飼料では無く、完全自家配合。つまり安全な餌のみを独自にブレンドして与えているのだとか。

彼によると、ここまでこだわった育て方を行っているのは、全国でも10軒未満なのだとか。

1ヶ月も持つという事で、たくさん買い込んで来ました。

そして、早速、卵ごはんにて!(比較の為に他の養鶏所の卵も食べ比べて)

いい卵は“濃厚な味わい”というイメージがありましたが、まったくの逆!

余りもの“あっさりさ”に拍子抜けするくらい…。

「これが本来の味わいなんだねー」と、暫し感嘆。

“すっきりキレイな味”そんな卵でした。

しばらくは卵料理が登場する機会が多そうですが、お付き合い下され。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大西さんとこの苺を使った、いちご大福(お裾分け情報)

大西さんとこの苺を使った、いちご大福(お裾分け情報)
大西さんとこの苺を使った、いちご大福(お裾分け情報)
とある場所で、お裾分けを頂きました。

いちご大福。

それも扶桑町の「大西農園」さんとこの苺を使った、いちご大福。

お店のいちご大福じゃあなくて、ご家庭で作られたモノ。

皮の部分も、高山から取り寄せられた“餅粉”だそう。

完熟した苺を包むから、香りが全部封じ込められてて、噛んだときに、お口の中に“フワーッ”と薔薇の様な香りが広がる。

うーん、コレ、コレ。

これが完熟の良さだねぇ。

お店さんには中々マネ出来ない芸当。(日保ちさせられ無いので)

こういうモノは、素人と侮れない事がありますな。

苺も、今季は後10日ぐらいだそう。

半年間、ホントにお疲れ様です。苺さま。

(トッピィ松本)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ぱれっと農園さん、苺美味しかったよ!(美味しかった情報/扶桑町)

ぱれっと農園さん、苺美味しかったよ!(美味しかった情報/扶桑町)
ぱれっと農園さん、苺美味しかったよ!(美味しかった情報/扶桑町)
ぱれっと農園さん、苺美味しかったよ!(美味しかった情報/扶桑町)
苺は本当は、これから旬じゃないかな。

確か、果物じゃあなくて“夏野菜”じゃあ無かったっけ?

小学生の頃、夏休みに家に生えてるヤツを食べた記憶がある。

旬が無くなっちゃった、ってのは、まさにこういう事だよな。

クリスマスケーキの為に、冬に石油焚いて育ててるのが、実態だからね。

「クリスマスケーキに苺乗っとらんかったら、ゼッタイ買わんぞ、コラ!」とか、誰も脅したつもり無いけど、判で押した様に、クリスマスケーキには苺が乗っている。

果たして誰の“意思”なのだろうか?

「便利が素晴らしい」「発展はイイこと」って全てを“善”として丸呑みしてると、後々「悪気が無かったから、仕方ないじゃん」っていう無責任につながって行っちゃうのでは?

原発と今の便利な私達の生活は、まさにそういう事の“なれの果て”を表している様に思える。

ソーラーだって、風力だって、将来いったい何が“潜んでる”かなんて、誰にも分かんない。特にシロートには。

そういう点では、プロとか専門家の責任は重いのかな?

でも、やっぱシロートもイカンね。“お金さえ払えば、どんなワガママ言ってもイイ”なんて癖が着いちゃってるよなぁ。

それを“お客様本位”なんて言って“良いこと”だと主張し、自身さえも思い込まされている!

果たしてこの世は、イイ方向に向かって行った時期が、未だかつてあったのだろうか?

人間の愚かさと儚さを見てしまうな。

果たして誰の“意思”なんでしょうか?

この人間の性も、サムシングワンダーみたいな神の意思に沿ったものなんでしょうか?

カミサマ、ヒドイヨノナカニ、ナリマセンヨウ…。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨だねぇ、ベジタブルコンテナガーデンの野菜が満開だわ。

雨だねぇ、ベジタブルコンテナガーデンの野菜が満開だわ。
雨だねぇ、ベジタブルコンテナガーデンの野菜が満開だわ。
雨だねぇ、梅雨みたいな。

お庭屋ケンちゃんこと、杁本健一ちゃんに作ってもらったベジタブルコンテナガーデンの野菜たちが、暴走気味で…。

春菊が満開!

何か、春菊っぽく無いのだけれど、春菊なんだよねー。

これが。

可愛らしいねー。

こんな可愛らしい花が咲く前に、摘まんで食べちゃうんだからねー。

(トッピィ松本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)